2010年05月17日

小さな神様

私が、二歳の次女を叱り、
大声で泣かせてしまった時、
小学校に入ったばかりの長女が言いました。
「お母さん、
どうしたら、
そんなふうに泣かせることができるの?」
小さな神様の目と声でした。
(北海道 38歳)
「神様の愛された日々」P36


Shonan snap_15 / ajari

私もハッとさせられます。

もっぱら長女とのバトルですが・・・・^^;;;;

天真爛漫のニコニコちゃんから、はずかしがったり、怒ってみたり、甘えてみたりと、いろんな顔をちらほらと見せてくれる長女。

感情的に叱ったりすることを極力さけようと努めているものの、なかなかどうして、去年とは比べ物にもならないほどに四苦八苦している自分がいます。

一筋縄では行かないところを経験して、私も親になっていくのだな〜〜なんて、二人が寝静まってから、ホッと一息ついて考えることもあります。

子供にとっては、今は、一番大切な時期なのだと思うと、ちゃんと愛してあげ、心を満たしてあげ、神様に愛される、そして、誰かの為に生きていくことができるような大人に育てていけれるのだろうかと、反省してみたり、激励してみたりと、いろいろと大変に思うときもあります。

しかし、家族になってみたからこそ、子供を育ててみたからこそ、味わえる心情はたくさんあるな〜なんて思います。

人は一生成長し続けるもの。
そのためには、子供にとっても、大人にとっても、
家族は、本当に大切なのだなと思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様に愛された日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

むぎゅ〜

出勤前、いつも三歳の次男が、私に声をかけてくれる。
「鍵持った?」
「電話持った?」
「カバン持った?」
私は、むぎゅ〜として「いってくるね」と言った。
すると、「チャックしめた?」ときた。
ガクッ。
でも、さらに愛おしくなった。
(東京都 38歳)「神様に愛された日々」P25


March of the Baby Turtles / Clearly Ambiguous

うちの娘は口がちゃっしゃですが、1歳7ヶ月になる息子はまだ、「あー」とか、「これ」とか、一言二言。

その後に来るくりくりとしたあどけない表情がなんともむぎゅ〜としたくなります^^
お姉ちゃんはお姉ちゃんで生意気なことを言われたりしますが、やっぱりかわいくてむぎゅ〜としてしまいます^^

高校生にもなると、私よりも大きくなって、母親なんてうるさがられてしまうのかな・・・・・なんて思うと、今のうちにたくさんむぎゅ〜ってしておこうって思ってしまいます。

早く大きくなってほしいけれど、いつまでもこのままでいて欲しいと思うのは私だけではないはず^^

いつまでも仲良しでいようね!!

--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様に愛された日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

もみじの手

もうすぐ小学生になる息子との会話です。
「パパ、仕事っておもしろいの?
会社にはおもちゃとかいっぱいあるの?」
「おもちゃなんか置いてないよ」
「じゃあ、ぼくのおもちゃを貸してあげるから、もって行けば?たいくつなときは、それで遊べばいいよ」
小さなおもちゃの自動車二つ、
もみじのような小さな手で渡してくれました。
(神奈川県 42歳)
「神様に愛された日」P24


Haitian Speaker Truck Toy 12-1-09 / stevendepolo


なんともかわいいですね^^
やっと幼稚園に入園したばかりのうちの娘も、たまに大人みたいなことを言ったりしますよ。

だけどどこかで聞いたような・・・。
私の真似だったりして・・・・・。

それがまたかわいかったりします^^

良いところだけ真似してほしいですけど。
こんな風に私って話してるのか〜なんて思ったりします。

きっと、神様も、同じように人間をみてはいろいろと発見したり、一緒に笑ったりしていたのだろうか・・・なんて親になってみてから考えることってたくさんふえたな〜と思います。

親なる神様。
自分自身も親になって見ないと、分からない心情ってありますし、それだけいろんな気持ちが共有できるよになるのだと感じます。

神様については、世界には、いろんな考えの方がいますが、私としては、「親なる神様」はとってもしっくりしていて、神様に愛されて、今の自分が生きているのだととても実感がもてます。

それに、イメージが持ちやすいですし。

でもきっと、私が思っている親のイメージ以上の神様なのだろうと思っています。
そんな親に少しでも近づきたいと思います。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様に愛された日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。