2010年02月23日

一日に何度でも愛情表現をする

ある地方での講演の後、懇談会がありました。一人の奥さんが言うのです。
「先生の言われた通りなんです。うちの夫は本当に不器用で愛情表現なんてほとんどしてくれたことがありません」
それでとうとうある時、冗談めかして夫に言ったんだそうです。
「あなた、たまには『アイ・ラブ・ユー』の一言でも言えないの?」
すると、夫は急に振り向いて真面目な顔をして、
「おととし、言ってやったじゃないか」と言ったと言うのです。
「もう、がっくり来て何も言う気もしませんでした」とその婦人はぼやいていました。
夫としては言ってあげているつもりなのですが、それでは女性は到底満たされません。去年も言ってほしいし、今年も言ってほしいし、今日も、今夜も何度でも愛情表現してほしいというのが女性の本心の願いです。そこには男性の考えと相当感覚の違いがあります。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P137


ラッキーさん / sor

あまりホイホイ言われるのも、軽い感じで本当にそうなのかしら?口先だけでないの?なんて思っちゃうこともありそうですけれど・・・・。

好きだとするならば、それなりにわかるように表現して欲しいと言うのは正直な話、私も表現してほしいな〜なんて思います。

より、精神的なつながりや、一致感が重要に思えるので、たとえ、口から出たでまかせであったとしても、いわれると、いやな気分になる人はそんなに多くはないと思います。

余談ですが、うちの娘は、パパに電話をかけたならば、かならず最後は「パパ、大好き!!」と言って、締めくくります。
最初、私が、そう言いなさいと教えたのですが、今では、言わなくてもみずから「パパ大好き!!」と言ってくれます。

主人もまんざらでもないらしく、よろこんでくれています^^

子供はさるまねかもしれませんが、言うことによって、より一層、その思いが強くなっていくのは、間違いないように思います。

大好きと言ういい言葉を使っているのだから、もっと、も〜〜〜〜っと世界中の人が「大好き」を言えば、たくさんの人がはっぴーになるのではないかしらと思います。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

妻が話をしている時はしっかり聞く

新聞やテレビを見ながら夫は妻の話を聞いています。
「・・・・・ねぇ、あなた聞いてる?」
「うん」
「うそばっかり、ちっとも聞いてないくせに」
「いや、そんなことないさ」
というような会話をしたことはありませんか。
こんな時「ちゃんと聞いているよ」と言ったらうそでしょう。たいがい男は一度に一つのことしかできないのですから、もちろん、それでも聞いてくれないよりはいいのですが、妻から見ればやはり嬉しいことではありません。妻が話しかけてきたときには、新聞は閉じて、テレビは見ないでしっかり聞きましょう。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P136


_____ puzzled hearts ______ water refractions / Linh_rOm

うちもよくあります。
私もよく、「聞いてる?」と言ってしまいます。
そして、かならず主人は私が話した内容の一部分を言ってくれます。
・・・・・が、本当に聞いてくれているのか、あやしいな〜〜〜なんて思っていたりもします^^;

テレビだけでなく、子供が割って入ってきたり、電話だったり・・・・。
いろいろと邪魔に入るときもありますが、また改めて聞き返してくれたら、全然OKですよね^^

逆に知ったかぶりをされると、あとあとちぐはぐになってしまいますもの。

たまに、言った、言ってない、聞いた聞いてないでもめることにもなりますが、言ったつもりでいるのか、聞いたつもりでいたか・・・・。
どちらにしても、そんなことが多くなると、亀裂も入りやすくなっちゃいます。

言葉という、コミュニケーションは、難しいときもありますよね?
でもあきらめないで、楽しく会話を楽しめるようになっていきたいですね^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

話を聞いて共感してあげる

夫が聞いてあげた後、「そうだったの、あなたも大変だったねー」というふうにして同情してあげると、妻は本当に嬉しいのです。
「褒められたい夫、愛されたい妻」P136


Handmade Sympathy Card / Zeitgeist

自分が感じていることを共に共有してもらえることは、とってもうれしいことだと思います^^

感じたことを共感してもらえることは、自分の存在自体を認めてもらえていると言う存在感と、この人は自分の味方なのだという、安心感。
家族なのだと、実感することのできる、一つなのだと思います。

そこまで大げさでなくとも、誰かと話していて、分かってもらえることは幸せなことです。
それが、自分の伴侶ならば、もっと幸せなはずです。

女性といわずに、男性だって、共感してもらえると、うれしいと思います。
そして、同じ価値観や、目標をもっていると、もっと幸せを感じていけれると思います。

夫婦は、運命共同体ですから、なんでも分かち合えるのが一番だと思います^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。