2010年03月24日

「家庭」と「仕事」、どっちが大事?

人間には「情の分野」と「能力の分野」があります。即ち、「家庭」と「仕事」です。
我々が人生において本当に幸せを感じたいと思うなら、必ずこの二つの面において充実した成功を収めなければなりません。才能を発揮し、得意の分野で活躍し成功して、評価を受け賞賛されることを誰もが必死で求めています。しかし、たとえ何かの事業で歴史に残るような功績を挙げ得たとしても、もし彼の家庭が夫婦関係や親子関係が冷え切っていたり、分裂している状態であったとすれば、その人は寂しい惨めな晩年を過ごすことになります。やはり家庭を完成させ、夫婦、親子、兄弟姉妹の間の愛情を成熟させるということは、人生の最後を喜びと輝きに満ちたものにしてくれます。

家庭というものは、それほど重要なものであり、その家庭愛を完成させるということは、仕事上で大事業を成し遂げるのと同じくらい重要な一大事業であるという価値観こそが、今最も必要とされていることではないでしょうか。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P147


Family portrait / rachel_pics

「人生」を考えてみるとき、もっとも大切な財産は、「家族」なのだと思いました。
どんなに歴史に名を残して、偉大な人になったとしても、その人の心の中が「愛情」で満たされていなければ、なんとも寂しい人生になってしまうのだと思います。

ほとんどの人が、出世や名声を得るためにがんばろうとするのかもしれませんが、もっと、夫婦が、親子が、家族が、一つとなって仲良くなっていくように、死に物狂いで努力しようとする人は、本当は少ないのかもしれません。

あるいは、努力をしようと思っていても、その方向性がわからなかったりと、空回りをしてきたのかもしれません。

考えてみれば、本当は当たり前のことなのだと思います。
家族がみんな笑顔で暮らし、仲良くお互いのことを思いあって、幸せにくらすということは、本来は当たり前のことだと思います。

必ずしもそうではない、今の世の中は、もっと、家族を重要に思うという価値観が本当に大切なのだと思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

夫の努力を褒める

事あるごとに夫の良いところや男らしいところを褒めてくれる。こういう奥さんがいたら最高です。愛さずにはおれないでしょう。既にお話した通り、誰もが「愛されること」と「褒められること」を求めて生きていますが、特に男性は、感謝され褒められることに最高の喜びと生き甲斐を感じるのです。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P146


Im glad i found you / ninja gecko

良いところを褒めることは、良いことだと思います。
ぜんぜんそんなところなんてな〜〜〜〜いなんて思っている方、いませんか?

自分もふくめ、必ず人は、神様から受け継いだ、良い部分があるはずだと思っています。
ただ、そのことに気づかないか、見ようとしていないだけです。

縁があっての結婚ですし、短所だと思っていたところが、考え方によっては長所に変わりうると思います。
良いほうに発想していくほうが、何かと良い方向に向いていくのではないかと感じます。

しかし、近い人ほど見えにくくなっているのも正直、分かります。

それは、自分という人間をとってみても、あまり好きなれなかったり、自分のことはよくわかってなかったりしする時もありますよね?
他人のほうがよくわかっていたりして・・・・。

自分のことを思うように、相手のことも大切に考えていくところから、本当の関係、そして、相手の良い部分が発見していくことができるようになっていくのではないかと思います。

私も主人の良いところをたくさんほめてあげられるようになっていきたいです^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

純粋に信じて頼りにしてくれる

夫に対していつも純粋に「あなたを信じてる」「頼りになる」ということを、態度や言葉で表す妻、そういう妻は夫から見ると限りなくいとおしい妻です。

言うまでもなく男性も女性も人間としての価値は全く同等であり、権利も完全に平等でなければなりません。しかし、男性と女性にはその能力や性質において明らかに特性があることも事実です。結婚して家庭生活が理想的に機能するには、お互いの能力的特長を尊重していくことが不可欠の要素になります。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P145


a polar bear and her baby / Just Being Myself

人間の価値としては、全ての人が尊い一人一人だということは、本当にそうだと思います。
けれど、何も考えなしに、すべてが平等と思うと、いろいろ問題が出てきますし、大きな勘違いだと思います。
男性には男性の、女性には女性の、神様からいただいた特徴というものがあるんですよね^^

だから、わざわざ男性と女性に分ける必要があったのは、それぞれの特徴をいかして、尊敬しあって、頼りにして、お互いの足りない部分を補えあったり、支えあったりすることができるというところに、一体化がうまれ、無限大に幸せが広がっていくのだな〜と思います。

全く同じような能力、見た目、好み、だったとしたら、本当に味気ない世界になりそうだと思いませんか?

男性には男性の、女性には女性の得意分野があると思います。
それを、よい方向にいかせて、喜びとなっていくとしたなら、すてきだと思います。

それをふまえて、主人をもっともっと信じて、頼りにしていきたいと思います。

本当に、主人は頭と口がさえています。(いやみではありません^^:)
そして、社交的ですし、今回、引越しの時も、不動産や、業者への対処など、いろいろと助かりました^^

プロバイダー契約なども・・・・。

もっともっと頼りにしていることを伝えていけたらと思います^^/

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。