2009年12月03日

診断!愛夫度(妻用=20問)

@夫が出かけるときは、
  a,必ず外まで見送る。
  b,玄関の上がり口まで見送る。
  c,「行ってらっしゃい」だけ言う。

A夫が帰宅したとき、
  a,玄関に飛んでいく。
  b,家事の手を休めて迎える。
  c,「おかえり」とだけ言う。

B夫が帰宅してからの十分間、どうしていますか。
  a,家事は止めて夫に尽くす。
  b,家事をしながら話す。
  c,家事と子供のことを優先する。

C夫の親戚や同僚が家に来たら、
  a,心から歓迎してあげる。
  b,一応適度の接待をする。
  c,つい嫌だなと思ってしまう。

D夫の誕生日には、
  a,必ず毎年お祝いする。
  b,たまにはお祝いする。
  c,特に何もしない。

E夫が自分の仕事や親戚の自慢話を始めたら、
  a,「すごいわね」と褒めてあげる。
  b,フムフムと聞く。
  c,ついけなしたくなる。

F夫の両親に対しては、
  a,自分の親と思って尽くす。
  b,うまくやろうと努力中。
  c,あまり付き合いたくない。

G休みのとき、夫の趣味に付き合うことがありますか。
  a,よく付き合う。
  b,たまには付き合う。
  c,好きなことでないので付き合わない。

H夫が気に入らないことをしたとき、
  a,夫が非を悟るまで待つ。
  b,時には文句を言う。
  c,その場で非難する。

I家計が大変で夫の給料ではやっていけない。夫が給料を渡してくれたとき、
  a,感謝して後日相談する。
  b,何とかしてくれと言う。
  c,つい皮肉を言ってしまう。

J夫に対して、褒めることがありますか。
  a,良いところを探して褒める。
  b,褒めもけなしもしない。
  c,ついけなすことの方が多い。

K家族でお出かけ、運転していた夫が妻の意見を聞かずに道を間違えて遅れた。その時、
  a,「パパお疲れ様」。
  b,「ちょっと遅れたみたいね」。
  c,「だから言ったじゃないの!」

L夫を家長として立ててあげるようにしていますが。
  a,いつも夫を立てている。
  b,人の面前では立ててあげる。
  c,妻を中心に動いている。

M一家の主婦として家事をうまくこなしていますか(炊事、洗濯、掃除、整頓など)。
  a,きちんとやっている。
  b,何とかこなしている。
  c,うまくできていない。

Nここ三年以内に、夫に対して怒鳴ったことがありますか。
  a,何度もある。
  b,1〜2度だけある。
  c,ない。

O日常生活の中で夫に「ごめんなさい」をいえますか。
  a,いつも素直に言える。
  b,たまには言う。
  c,意地でも言えない。

P夫が願う女性らしい話し方、態度、服装などに気を配りますか。
  a,夫の好みに合わせている。
  b,少しは夫を意識している。
  c,いちいち気にしない。

Qここ一年以内に、夫の腕を取って歩いたことがありますか。
  a,何度もある。
  b,1〜2回ある。
  c,ない。

R性生活の面では夫を満足させていると思いますか。
  a,満足させていると思う。
  b,まあまあと思う。
  c,不満だろうと思う。

S時には母のように夫を包んであげ、時には娘のように夫に甘えることができますか。
  a,両方ともできている。
  b,片方だけはできる。
  c,どっちも無理。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

時々ここを見てチェックしてみるのもいいと思います^^

posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

診断!愛妻度(夫用=20問)

@妻の髪型が変わったとき、
  a,すぐに気がついて褒める。
  b,気がつくが褒めたりしない。
  c,気がつかないことが多い。

A帰りが遅くなるときは、
  a,必ず電話を入れる。
  b,たまに電話を入れる。
  c,いちいち電話はしない。

B帰宅したら、
  a,妻を捜して話掛ける。
  b,ただ「ただいま」と言う。
  c,何も言わない。

C出張帰りなどで、久しぶりに妻に会ったとき、
  a,妻を抱擁する。
  b,「元気だった?」と聞く。
  c,「ただいま」と言うだけ。

D妻の話は、
  a,毎日20分ぐらいは聞く。
  b,毎日10分ぐらいは聞く。
  c,たまに聞く。

E仕事から帰った早々、妻が不平や愚痴っぽい話を始めたら、
  a,同情してあげる。
  b,一応黙って聞く。
  c,ついカーッとなる。

F子供の教育のことは、
  a,自分も一緒に取り組んでいる。
  b,妻からよく聞いている。
  c,妻に任せている。

G妻の誕生日には、
  a,毎年何かプレゼントする。
  b,たまにはプレゼントする。
  c,得意何もしない。

H二人の結婚記念日には、妻に対して、
  a,必ず何かをしてあげる。
  b,たまにはプレゼントする。
  c,忘れていることが多い。

I妻の両親に対しては、
  a,自分の親と思って尽くしている。
  b,適度に付き合っている。
  c,あまり交流しない。

J夫に対して、褒めることがありますか。
  a,良いところを探して褒める。
  b,褒めもけなしもしない。
  c,ついけなすことの方が多い。

K家族でお出かけ、運転していた夫が妻の意見を聞かずに道を間違えて遅れた。その時、
  a,「パパお疲れ様」。
  b,「ちょっと遅れたみたいね」。
  c,「だから言ったじゃないの!」

L夫を家長として立ててあげるようにしていますが。
  a,いつも夫を立てている。
  b,人の面前では立ててあげる。
  c,妻を中心に動いている。

M一家の主婦として家事をうまくこなしていますか(炊事、洗濯、掃除、整頓など)。
  a,きちんとやっている。
  b,何とかこなしている。
  c,うまくできていない。

Nここ三年以内に、夫に対して怒鳴ったことがありますか。
  a,何度もある。
  b,1〜2度だけある。
  c,ない。

O日常生活の中で夫に「ごめんなさい」をいえますか。
  a,いつも素直に言える。
  b,たまには言う。
  c,意地でも言えない。

P夫が願う女性らしい話し方、態度、服装などに気を配りますか。
  a,夫の好みに合わせている。
  b,少しは夫を意識している。
  c,いちいち気にしない。

Qここ一年以内に、夫の腕を取って歩いたことがありますか。
  a,何度もある。
  b,1〜2回ある。
  c,ない。

R性生活の面では夫を満足させていると思いますか。
  a,満足させていると思う。
  b,まあまあと思う。
  c,不満だろうと思う。

S時には母のように夫を包んであげ、時には娘のように夫に甘えることができますか。
  a,両方ともできている。
  b,片方だけはできる。
  c,どっちも無理。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

時々ここを見てチェックしてみるのもいいと思います^^
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

永遠に一緒にいても楽しい夫婦とは

(愛妻度ーS、愛夫度ーS)

夫婦の関係がなんとなく単調で、変化や刺激のないものに感じておられる方はいないでしょうか。もしそう感じておられたら、それは、「夫と妻の関係でだけ」ずーっと付き合っているか、あるいは、「いつも友達感覚だけ」であったり、「片方だけが常に上」という膠着化した関係になってはいないでしょうか。

感動的夫婦生活というのは、時と場所において、自由自在に立場を変化させていける柔軟な関係であってこそ味わうことができます。

真の夫と妻の関係は、実は多様な位置関係に自由自在に立てるようになっているのです。

封建時代のように、常に夫が上で妻がしたというような関係は、それなりにまとまっているように見えても、そのような関係の夫婦は、実は「忍従という一方の犠牲の上に成立している安定であったりします。
また、最近のカップルは、まったく対等の友達感覚でやっていこうとする場合が多いようですが、それが必ずしもうまくいくわけでもないことは離婚統計の数値がそれを表しています。

夫も妻も、一個の男性・女性として人格的価値はまったく平等であることは言うまでもありません。しかし、心情の世界においては、自由に変化できるのです。普段は夫と妻として、仲の良い友達のように。しかしあるときは、兄と妹のように、また姉と弟のように、そしてまた、あるときは父と娘のように、あるときは母と息子のようになるのです。

実際世の中で、本当に仲の良い夫婦をじっと見ていると、その関係が自在に上になったり下になったりしていて、とても微笑ましい光景で、旗から見ていてもうらやましいほど楽しそうです。そんな二人は輝いています。永遠に一緒にいても楽しいという関係はきっとそこから生まれてくるのでしょう。

私たちはそのような「輝く夫婦」になりましょう。そのためにはまず、相互に心から尽くし合い愛し合って、深い信頼関係と仲の良い夫婦になることが第一歩でしょう。
そこまで到達できたら、今までなんとなく暗くて見えなかった二人の未来に、急に明るくまぶしい光が射して、希望の道が見えてくるに違いありません。
「うまくいく夫婦仲の法則」P145〜P147


Grass with dew diamonds / allspice1

私は三人兄弟の長女一番上です。弟と妹がいます。
主人も三人兄弟の長男ですが、真ん中で、上にお姉さんがいます。

私たちの場合、私が姉のようで、主人が弟のようになることは、たやすいです。しかし、私が妹、主人が兄という関係は、過ごした事がなく、どういうものなのか分からない世界なので、そういった心情を味わうのは、模索段階といえます。
息子、娘は、小さい頃、親に甘えた内容を思い浮かべると、なんとなくわかりますが、父、母の心情は、今、まさに実際の子供たちを見ながら、学んでいる最中なのだなと思いました。
あとは、妻とは、夫とは・・・これも、現在進行中ということになります。

子供たちと同様に、私たちも一緒に成長させられ、本当の意味で夫婦の仲も深く良くなっていくのだなと思いました。
人としても深い心情をもった人となれるのだと思います。

私の母は13人兄弟の下から2番目です。
大所帯ですよね^^

かろうじて私は二人産めましたが、それにしても、昔の人はすごいですよね。
心はその分豊かなのかなと思います。
兄弟が多いと、それだけで人間関係、夫婦関係の勉強にもなるのだなと思いました。

夫と妻の関係が、もっともっと深いところにあるのだと思うと、まだまだ私たちの関係は薄く、うわべの付き合いに近いと思います。
浅いのだから、ケンカやすれ違いもしょうがないと思います。
だからこそ、より相手を深く知り、尽くし愛する努力をすることは、本当に大切なのだと思いました。

私たちも「輝く夫婦」になっていきたいです。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:輝く夫婦
posted by はっぴー at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。