2009年08月24日

総序 6 新しい真理の使命

総序6.gif

 新しい真理の使命は
●全人類を新しい世界に導き得る真理でなければならない。
●有史以来のすべての主義・思想・宗教を統一し得る真理でなければならない。
●堕落人間が創造本然の人間へと帰っていくことのできる真理でなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

全人類を幸せの道へと導く真理。誰もが幸せになることを願います。
そのための新しいことへの恐怖を取り除き、素直な心で、この統一教会の原理にふれてみて欲しいと思います。

色眼鏡で見るのではなく、どうぞ素直な心でみて下さることを願います。

新しい思想は、いつの世でも、最初は受け入れられるのに、時間がかかるものだと思います。
この統一原理も、広く知っていただくには、このブログは、意味あるものだと信じています。
ラベル:真理 原理講論
posted by はっぴー at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

総序 5 新しい真理出現の必要性

総序 5.gif

●人間がこの両面の無知を完全に克服して、本心の要求する善の目的を成就するためには、宗教と科学とを、統一された一つの課題として解決することのできる、新しい真理が現れなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

今までは、科学は科学で、宗教は宗教で、独立したものとして取り扱われてきましたが、宗教は、科学をもって解かなければならないし、科学も宗教を取り入れることによって、未知なる部分が解決されていくのではないかと思います。

今は、霊界や、死後の世界も、科学的に説明されつつあります。
宗教や、科学をないがしろにして、私たちの住んでいるこの世の中を語ることは、できなくなってくるのではないかと感じます。

ラベル:原理講論
posted by はっぴー at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

総序 4 人間の心理探求

総序 4.gif

●内的無知を克服して内的知に至る道を見いだすべく内的真理を探究してきたのが宗教である。
●外的無知を克服して外的知への道を見いだすべく外敵真理を探究してきたのが科学である。
●それらが歴史過程においては互いに衝突してきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

宗教と科学は、相反する形で、人々の生活に浸透してきたように思います。

どちらも歴史を語るとき、欠かせないものですし、宗教と科学両方があってこその、今の世の中だと思うと、どちらも必要なものであるし、よく知ってみることは大切なことだと思います。

歴代の、有名な科学者が、篤列なクリスチャンだったりと、科学を追求すればするほど、神様の存在を否定できないのだと感じます。

科学も、宗教も、ただお一人、神様の事を探求しているものだと私は思いますが、神様は信じられないとおっしゃる方は、まず、科学の精密さ、必然さ、神秘さ、法則など、より知ることによって、単なる偶然でできた宇宙ではないことが、よくわかるのではいかと感じます。

しかし、今もなお、科学と宗教とが全く別物と扱われているのは、現実なことでもあります。


ラベル:原理講論
posted by はっぴー at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。