2009年06月17日

【夫婦は第二創造主の位置】

このように夫婦が息子、娘を生んで父母の位置に上がることによって、神様の位置で神様が人間を創造するときに、どれほど喜ばれたかを体恤するのです。

神様が理想的な宇宙の円満な家庭理想を完成しようと、子女と兄弟と夫婦の立場を備えて自分の愛を相続させようとされるのです。
愛をもっているがゆえに私を第二の創造主の立場に立てるのです。
それが息子、娘です。
息子、娘はそれほど貴いのです。

「真の神様」P127

家はたまたま一姫二太郎ですが、日々いろんな刺激をあたえてくれちゃいます^^

女の子と男の子、こうも違うかと・・・^^
下の子は男の子で、まだ9が月ですので、これからもっとどんどん開花すると思うんですが。
まず、オムツの濡れる位置の違いから感動していたりして・・・。

上の子はピンクでひらひらのレースのついたスカートが大スキで、毎日ファッションショーやってます。
スカートONスカートONスカートくらいに重ね着してカガミ見たりして。
下の子はとにかくコード好き。コードをもとめてどんな所にももぐっていっちゃいます。

そこでよく思うのが、私の小さかった頃、主人の小さかった頃、こんなだったのかしらと。
主人にもこんなに無邪気な頃があったのかなぁ〜なんて思います^^

実家に帰ったら、母が、娘と息子に対する接し方が、私もこんなに愛してもらってたのかしらと、胸が熱くなったりします。

あと、子供がいるだけで、知らないおばちゃんとか、おじちゃんと話をする機会も増えました。パスとか道端とかスーパーとか色々と。
子供って、不思議なパワーがありますよね。

子供も、祖父母も、私自信も、見知らぬ人でさえも、いろんな意味で刺激を与えられ、そして心が温かくなります。

子供を産んで、神様の愛を、少しだけわけて頂いた感じがします。
堕落のない世界だったとしたら、どれほど素敵な素晴らしい愛で満ちた世界だったのか、子供を通して少し分かるような気がします。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

【愛の理想】

夫婦が一つとなって息子、娘を生むことによって永続することができます。
ですから創造した創造主の位置に上がって息子、娘を生んでみることによって神様が創造した喜びを平面の世の中で感じることができるのです。
それゆえ自分の妻は息子、娘のようでなければなりません。
息子、娘と兄弟の立場を合わせたものです。
ですから分かれることができません。愛はそういい加減にはできていません。
息子、娘を生んでこそ神様が本来の創造理想として願った本然的基準に到達するのです。
それゆえ家庭が天国の基盤です。

「真の神様」P126

映画で「永久に美しく」をご存知でしょうか。
ラストに永遠の美しさを求めるあまりに、ゾンビのようになってしまう女性と、限りある命を選択し、結婚、子供、孫と、子孫を残し、大勢の見守る中、葬儀が行われる男性のシーンがあります。

この女性と男性の違いは、何を重要に思って生きているのか、価値観の違いだと思います。

人の命は100年もって良いほうです。
しかし、愛された記憶、愛してきた記憶は、子供、孫へと代々受け継がれていきます。
それはもう、心の中に、細胞の一つ一つに刻まれ、永遠に生きているのと同じになると思います。

夫婦は、時には息子、娘の様に甘えたり、父母のように慰労したり、時には兄弟のように一緒にふざけあったり趣味を楽しんだり、いろんな姿になって、お互いを愛し合う事ができます。

これが理想だと聞きました。
まさに家庭の中が天国になるんでしょうね!

愛には色んな愛があるのですね。
夫婦においても、形は一つではない。
どんどん愛は成長して、大きくなっていくものだと思いますが、もっと、神様が喜ばれるような愛し方ができるようになると、いいなぁ〜なんて思う今日この頃です^^

神様が理想とされる愛と、私たちがこうありたいと願う愛の理想、形は、多分、次元の高い低いはあるにせよ、同じだと私は思っています。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

posted by はっぴー at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

【人間を創造された目的】

神様はなぜ人を造ったのでしょうか。
全知全能なる神様、遍在される神様が何が足りなくて人をつくったのでしょうか。
ただ造りたいから造ったのだといえば簡単です。
しかし、それでは通じません。
神様は何が必要でしょうか。
神様がお金が必要であり、金塊が必要であり、ダイヤモンドが必要でしょうか。
そのようなものはいくらでもあります。
また、神様は知識が必要でしょうか。
必要ありません。
知識の王なのですから、知識はいくらでもあります。
全知全能なる神様には権力は必要ありません。

神様に必要なものはなんでしょうか。
神様は生命も必要ではありません。
生命の主体であるのに、そのようなものがどうして必要でしょうか。
それでは何が必要でしょうか。
愛が必要なのです。
なぜ神様に愛が必要なのでしょうか。
愛というのは相対的関係から成立するものだからです。

愛を完成するためです。

「真の神様」P112〜P113

親から愛を受けて育ち、その後、家庭をもって今度は相対を、そして子供を愛していく。それから孫も・・・。
兄弟や友人なども。
猫でも犬でも良いかもしれませんが、どれも、相手があってのこと。

愛されるのも、愛するのも、一人ではできません。

愛する対象が必要で人間を創造された神様なんですね。
ただ造ったとするより、愛のため、愛したいがために人間を創造されたとする方がいいと思いませんか?

科学的に立証されているかいないかにこだわって、本質を見失うのはもったいないと思います。

その科学も、ちょっと前ではこれが常識!みたいに言っていたのが、ちょっとすると、それは間違いで、新常識はこれ!なんてよくあることですよね。
進化論も疑問視されていると聞きます。

科学的に、理論的に、私はそこのところは弱いかもしれません。
説明しろと言われたら、出来ないと思います。
けれども、愛によって創造された私たちと思うのは、とても良いことだと思います。

愛されている自分と思えるなら、自分を好きになれるし、人にもやさしくなれ、愛することができるようになると思うからです。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。