2009年06月24日

【天使の存在】

天使はどのような存在なのでしょうか。
僕の立場で神様の前に忠誠の道理を尽くして、アダムとエバの囲いとなってやるべき存在です。
万世に天の世界に栄光の雰囲気をつくって、神様の愛を中心としてアダムとエバと共に幸福に暮らすべきだったのです。
言い換えれば、天使長はアダムとエバのために創造されたのです。
アダムとエバの父である神様が天使を創造した目的は、アダムとエバのためだったのです。

「真の神様」P171

天使といえば、ニコラス・ケイジのシティ・オブ・エンジェルを思い出します。

スマートでキレイで、永遠の命のある天使が、人間に恋をして限りある命を選択します。
その時、胸の鼓動や土臭い匂い、騒々しい音なんかが、ドドッと体に感じる生生しいシーンが印象的でした。

実際の天使が、どのような感覚でこの私たち人間を見ているのかは分かりませんが、映画で最後はアンハッピーだったように、天使と人間とは結ばれるために存在するわけではありません。
映画では素敵なロマンスのように描かれていますが、そこが間違ったために、堕落してしまいました。

アダムとエバは天使長の保護を受けて愛の教育を受けている途中だったといいます。
結婚するまで傷つかないように管理指導して教育すべき責任が天使長にあったのです。

神様が何かを創造するたびに、天使たちは賛美して、またその刺激をうけてまた神様はこれから生まれてくるアダムとエバのためにまた創造していったと言います。
神様はたくさんいろいろ造りすぎてしまったと聞いた事があります。

堕落しなかったとしたら、なんて素敵な世界だったかと本当に思います。
神様とも通じ、天使とも通じ、たくさん守られた中で、すくすくと愛の成長をして、神様の祝福を受けていたと思うと、とても素晴らしい世界を私には想像も出来ないほど平和で楽しい世界だったんじゃないかと思いめぐらします^^

のうてんきなんて言われちゃうかもしれませんが、私の屈託のない子供たちを見ていると、神様も、将来の事を楽しみに毎日アダムとエバをごらんになっていたのかなと感じます。

堕落が全て悪く、だからこそ、統一教会は純潔をとても重要視します。
愛の問題で堕落したので、愛の問題を解決していかないといけないのです。
統一教会ほど、愛について具体的で、純潔を守ろうと訴えている宗教は他にあまりないと思います。

子供にも、何が正しくて、正しくないのか、はっきりと教えてやる事ができます。なぜ不倫がいけないのか。結婚するまで純潔を守らなくてはいけないのか。

キリスト教の中では異端かもしれません。
しかし、愛の問題についてはっきりしていて、信者はみんな守ろうとしているし、守っているからこそ、私は本物だと思います。



★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

【旧約時代と現代】

旧約時代に生まれて死んでいった私たちの信仰の先祖たちは、どのような人々だったのでしょうか。
神様は無形の神なので現れても分からないので、神様の形状として、神様に代わって、その時代時代に合うように、その歴史の因縁を再現して因縁を結ぶために送られた人々でした。
それゆえ私たちが神様の養子の位置にまで上がるためには、多くの人の歴史的因縁を連結して、個人的世界代表、家庭的な世界代表、また、氏族的な世界代表、民族的な世界代表、国家的な世界代表、このような多くの数を経て、終着点を代表する一つの代表者としてすべて結束させなければならないのです。

「真の神様」P170

摂理的に見ると、旧約時代前、ヤコブ以前は僕の僕の時代。
ヤコブからイエス様までは僕の時代。
イエス様以降は養子の時代。
再臨の時期は息子の時代です。

旧約時代は僕の時代でした。
それゆえアブラハムも僕であり、ヤコブも神様の息子として勝利したのではなく、僕の立場で勝利したのです。

天はサタン世界の僕の子にも劣る人間を連れてきて、神様の世界の僕の僕にしようというのです。
ヤコブとエサウもそうです。
ノアも。

当時の方々も、今生きている私たちと同様、一生懸命生きていたと思います。
しかし、今のような宗教があったり、社会も法律も、しっかりしたものではなく、その日1日、食べて元気に暮らす事が仕事のようなそんな生活をしていたんじゃないかと私は思います。

そんな中、神様の人類復帰の摂理の中、選ばれ、勝利してこられた信仰の先輩方も、実はまだまだ僕の位置で、神様の息子、娘としてはほど遠い存在だったと思うと、なんだかとても切なく感じました。

しかし、一歩、また一歩と、復帰していくしかなく、神様が造った世界、原理を、神様が崩すわけにいかず、地道な闘いが今日も続いているというこの事実。

摂理的観点から歴史を見ると、”今”は、息子、娘の時代。
なんて素晴らしい時代に私は生まれて来たのだろうと感謝するばかりです。

その時代時代で、責任を果たすべく歩まれてきた信仰の先輩方を、私もみならいたいと感じます。
先輩方が勝利してこられたからこそ、今のこの時代が来ています。
私もこれからの次の時代を生きる子供たちのためにも、今でしかできない事を、何か出来たらと思います。

私に何ができるのか・・・。
小さい私ですが、そんな私でも必要として下さっている神様がいるのですから、私を信じて下さっている神様を信じて、頑張りたいと思います。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

【僕の僕からの】

人類が堕落することで無原理圏内に落ちました。
どの程度落ちたのでしょうか。
神様の僕である天使にも劣る世界に落ちました。
主人となるべき、王子王女が僕にも劣る位置に落ちたのですから、再び上がらなければならないのです。
それゆえ僕の僕の道理から始めて、僕の道理、養子、庶子、こうして直系子女まで、次に母を通じてアダム(父)の位置に戻らなければならないのです。
復帰です。
救いの摂理とは病気になる前の健康だった基準に再び戻すのと同じです。
病んでなかった位置に戻らなければならないのです。
それゆえ救いの摂理は復帰摂理です。
復帰摂理はむやみにするものではありません。
とにかく「信じれば救われる」そのようにはなっていません。

「真の神様」P162

僕の僕。
最初、天使は僕だったと聞いて、ちょっと驚いたのを思い出します。
天使って、赤ちゃんの背中に羽が生えていて、ラッパ鳴らしたり^^
赤ちゃんでかわいいイメージで、神聖で、光輝いているイメージでした。
でも、聖書に出てくる天使はヘビの姿をした、異様な感じのする存在です。
その、天使よりも下に落ちてしまった人類。
だからこそ、神秘的に映るのかもしれませんが。

普通に考えても、僕から始まって、子女にまでになるには、そうとう大変ですよね。
簡単に言っちゃうと、血統が変わらないかぎり、血縁関係である実子にはなりえない事になります。
ただ単に、勘当されただけではない事は確かです。

人類の本来の位置にまで帰るための歴史だったということは、本当の世界をまだ誰も見たことが無いということなんですよね。
サタンの手から、神様への帰る道筋・・・。

だからこそ、日々、生活をしていると、苦しいこと、理不尽なこと、たくさんあるのかもしれません。

再びもとの位置に帰るには、少なくとも、もとの位置はどのようなものだったのか、知る必要があるのは当然ですよね。
病気のなかった自分はどんな体だったのか、知らないと、どこまで帰れば良いか分からないですから。

しかし、誰も本当の世界を見た事もなかったし、実は神様と血縁関係だったことも忘れてしまったと言いますから、本当に復帰の道は大変だったと思います。
神様はよくご存知だったと思いますが、当の人類が堕落してしまっていて、本当の姿ではないという事すら気付いてないのだから、本当に骨の折れる事だったと思います。

先に知ったものが、責任をもって、神様と共に本当の世界を築いていかなければならないと思います。

この復帰の道は、皆が受け入れてから来るのは簡単のようでも、少なくとも今の自分の、サタンから引き継いだ内容を否定しながら生きていくので、それでも大変です。
そして、殆んどの人が、誤解や反対している中、真実を見極めて進んでいくのはもっと大変です。

始めのはじめ、神様はお一人でこの復帰の道を歩み始めました。
ただお一人孤独に。
しかし、今、私たちは、同じ志を持つ仲間が、世界中にたくさん散らばっています。
そして、真実なるものに出会えた私は、本当の意味での幸せ者だと思います。

神様にも、同士がふえたと思って下さると、うれしいですけど・・・。
私はさぁ、今日もがんばるぞー!!って感じになれます^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

posted by はっぴー at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 真の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。