2010年06月10日

元気をくれたあなた

ある日ふと、夫に聞いてみた。
「私って奥さんとして何点?」
すかさず夫は答えた。
「100点」
「えーっ!?」
朝起きるのが苦手な私は、100点じゃないことぐらい自分が一番知っている。
けげんそうな顔をしていると、
「じゃ・・・、120点!」
どうやら、私がちょっと元気がないと感じていたらしい。
暖かいまなざしで見守ってくれている夫君、
いつもありがとう。
(熊本県 34歳)「神様に愛された日々P50」


>love notes ♥ / jessica.garro


「奥さんとして何点?」
もしも私が聞いたら、主人は、何点をつけてくれるのでしょう?
何点ではなく、難点でしょうね・・・・・^^;

100点ではないことは私も十分分かってます。
足りないところだらけです。
気持ちがとってもよくわかります。

それでも、基本優しい主人ですので、何も言わずに色々と家事を手伝ってくれたり、子供の幼稚園の送り迎えを代わりに行ってくれたりと、とても助かってます^^

それなのに、時々ケンカもしちゃいます。
反省することばかりです><

この詩を読んでみると、私もありがとうを言いたくなっちゃいました。
いつもありがとう^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様に愛された日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。