2010年05月17日

小さな神様

私が、二歳の次女を叱り、
大声で泣かせてしまった時、
小学校に入ったばかりの長女が言いました。
「お母さん、
どうしたら、
そんなふうに泣かせることができるの?」
小さな神様の目と声でした。
(北海道 38歳)
「神様の愛された日々」P36


Shonan snap_15 / ajari

私もハッとさせられます。

もっぱら長女とのバトルですが・・・・^^;;;;

天真爛漫のニコニコちゃんから、はずかしがったり、怒ってみたり、甘えてみたりと、いろんな顔をちらほらと見せてくれる長女。

感情的に叱ったりすることを極力さけようと努めているものの、なかなかどうして、去年とは比べ物にもならないほどに四苦八苦している自分がいます。

一筋縄では行かないところを経験して、私も親になっていくのだな〜〜なんて、二人が寝静まってから、ホッと一息ついて考えることもあります。

子供にとっては、今は、一番大切な時期なのだと思うと、ちゃんと愛してあげ、心を満たしてあげ、神様に愛される、そして、誰かの為に生きていくことができるような大人に育てていけれるのだろうかと、反省してみたり、激励してみたりと、いろいろと大変に思うときもあります。

しかし、家族になってみたからこそ、子供を育ててみたからこそ、味わえる心情はたくさんあるな〜なんて思います。

人は一生成長し続けるもの。
そのためには、子供にとっても、大人にとっても、
家族は、本当に大切なのだなと思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様に愛された日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150213731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。