2010年04月21日

しあわせのにおい

冬の橋こえ 家へ帰ってきたお母さん
嬉しくて ぎゅっとだきしめる
ジャケットは つめたかったけど
しあわせのにおいが いっぱいしたよ
お仕事 おつかれさま
(宮城県 中2)
「神様に愛された日」P16


Rainbow / John-Morgan


お留守番をしていて、待って待って、やっとお母さんが帰ってきたときの、安堵感と、幸福感。
とってもよくわかります^^
母親のにおい、安心しますよね。
自分のことをたくさん思ってくれている存在って、ありがたいです。

今、私は、その母親の立場になっています。
子供たちにとって、こんな風に安堵してもらえたり、しあわせだと思ってくれるとうれしな〜と思います。

たくさん心配したり、たくさん喜んだり、とにかくたくさん思うことはできていると思います。
だけど、どれだけ愛しているのかと思うと、まだまだ足りないのではと感じます。


神様は親だと言われますが、こういったことで、本当に親なのだな〜と思ったりします。

神様のような深くて大きな愛情の欠片でも、自分にそなわってくれるといいな〜と思っている今日この頃です^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 神様に愛された日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。