2010年04月07日

愛の手紙

え最後に、「愛の手紙」です。お互いに日頃面と向かっては言えない自分の気持ちを文章にしてみましょう。

済まないと思っていることを「ごめんなさい」と、ありがたいと思っていることを「ありがとう」と素直に書いてみましょう。そして伴侶に対して心にある愛の言葉を「一行でも表現してみましょう。それを明日の朝出勤の時にでも、妻から夫へ、あるいは夫から妻へ、そっと渡してあげてください。その日から、新しい何かが始まることは間違いありません。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P152




済まないと思っていることを「ごめんなさい」と、ありがたいと思っていることを「ありがとう」と素直に表現するということは、とても勇気のいる時もありますし、だからこそ、大切なことだと思いました。

普段、一緒にいればいるほど、当たり前のように思ってしまったり、ついつい後回しになってしまったりと、なかなか言えなかったりするんじゃないかと感じました。

面と向かってはいいづらくても、手紙ならまだ表現しやすいと思います。
せっかく相手を思って書くものですから、良いもの、よい気持ちは、形にのこしておくのもいいのかもしれません^^

悪口なら、破いてすててしまうところですが、相手の心の詰まった手紙は、宝物になると思います^^

できるだけ良いものを残して生きたいですし、心の中に築いていけれたらと思います。

心の整理もできますし、相手の良いところの新たな発見ができるかもしれませんし、感謝の気持ちを改めて実感できるひと時になるかもしれません^^
何よりも、やさしい気持ちになるだろうなと思いました。
優しい気持ちは、大切ですし、必要なものだと感じます^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

posted by はっぴー at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145816269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。