2010年03月25日

まず誰よりも妻を愛そう1

しっかりした家庭ができ、子供たちが立派に育っていけるかどうかを見る目安は、子供たちがお父さんを好きになっているかどうかです。息子や娘が父親が好きで尊敬していればまず大丈夫です。必ずそのお子さんたちはまっすぐに成長していくでしょう。

なぜかというと、子供の父親に対する情は、実は小さい時に母親が父親に対してどう思っているかを反映して決まっていくのです。母親が父を慕っており、尊敬していると、その言動と情的波動はそのまま子供たちに吸収されていきます。つまり、母親が夫と葛藤し、夫を嫌悪していた場合は、子供たちはいつしか父親のことを好きにはなれなくなっていきます。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P150


The key to my heart / Nina Matthews Photography

家庭内では、母親の情がそのまま子供たちにも反映されてしまうというのは、責任があると感じました。
私の情一つで子供の将来も、父親に対する子供の情でさえ影響すると思うと、母親というものは、本当に、自分だけの世界でのほほんともしてられないと思いました。

けれども、自然と、夫を尊敬し、愛し、慕うことができたら、一番いいのですけれど・・・^^
正直、これがベストですよね。

夫婦の仲というものは、どちらか片方が努力していればいいものでもありません。お互いが意識をもって、仲が良くなるようにお互い努力していき、相手を受け入れていくことが、必要なのだと思います。

子供の成長にともなって、自分も大きく成長していかなければとは、漠然と思ってはいましたが、何よりも、まずは、夫婦が仲良くなるように、そして心から慕い、尊敬する心を養っていけれるように、具体的に努力をしていかなければいけないのだと、感じました。

この慕い、尊敬する気持ちって、本当に大切なのだと思いました。
いつまでも、忘れないでいなければならないと思います。

慕い、尊敬する気持ちから、愛情へと第一歩が踏み出せるように思います。
たんなる好き嫌いではない、それを越えた愛情というものが成長していけれるのだと思います。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:03| Comment(1) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめてコメントします。
「まず誰よりも妻を愛そう。」これは、妻にとってはすごくありがたい言葉ですね。愛されやすい妻になる努力もしなければ・・・と思いました。
Posted by ぽぽこ at 2010年03月25日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144553509
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。