2009年12月31日

男女の心のすれ違い5

女性側の不満を聞きますと、「夫が自分の問題を話してくれない」「夫が何を考えているのかよく分からない。感情を表現してくれない」という悩みをよく聞きますし、最も多いのは「自分の話をよく聞いてくれない」という不満です。ほとんどの女性はこういう悩みを持っています。ところがご主人に話してみると、「とんでもない。いやというほどきいてますよ」と言います。ここにも、既にお互いの思いのすれ違いが芽を出しています。

一方、男性の多くが持っている不満の中に、「せっかくの休日にも妻が自分の趣味に付き合ってくれない」というのがあります。日曜日や連休に家族サービスをするというと、夫がすぐ考えるのは「どこかに連れて行くこと」−山に行く、海に行く、映画に行く、野球を見に行く、テニスをしに行く、ボウリングに行くと、どこかに連れて行くことを考えるのです。

「今度は久しぶりの連休だから家にいて、二人でじっくり話そうね」と言う夫はいますか?もしそういうことを言ってくれたら、奥さんは「バンザーイ」と言います。それを求めているからです。ところが夫は夢にだに、それが妻の満足する世界だとは思いません。いろいろなところに連れて行ってあげたら、妻や子供は「愛されている」と感じてくれるだろうと思うのです。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P80〜P81


雪景色 / wanko

私も含め、女性は、本当、何でも聞いてもらいたいと思っているかもしれません。そうすることで、深く、仲良しになれるよう、コミュニケーションをとりたいと思っています。

しかし、疲れて帰ってくる旦那様には、ほとんど言えませんし、言っちゃいけないと言い聞かせてみたりします。
それでも言わないとすまない時もありますが・・・・。

まあいろいろありますが、極力帰ってすぐの言葉は気を使ってしまいます。

やはり、いろいろ気兼ねなく話をできるのは、女友達や母親の所や、姉妹のところがいいせんです^^;

気を使っていると書いていますが、きっと、主人にとってはいいだけ聞かされてると思われているかもしれませんね・・・・・。

何を重要においているのか、女性と男性では本当に違いますね。

しかし、逆に、これをしてあげれば、満足してくれるのか知ることができたので、良かったと思います。

ただ、これを実践できるのかどうか。
良いと思っていても、具体的にするとなると、そううまくいきません。
しかし、努力していることが、お互いうれしく感じたりするものだとも思っています。

最初から完璧な人なんていませんし、分からないことだらけだから、おもしろいとも言えます^^
やりがいがありますよね^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。