2009年10月29日

結婚生活が暗転する二つの原因

結婚生活の破綻には様々な原因があります。どちらかが多額の借金を作ってしまう。夫の浮気、妻の不倫、酒乱、暴力、親戚との折り合い・・・・等々ありますが、これらは外的な問題です。その背景にはもっと本質的な夫婦の心情関係があります。結婚生活において、夫婦の心情関係がうまくいかなくなる理由には、特に、大きな二つの原因があります。

@夫婦関係が険悪になる第一の原因

それは、結婚後に相手の欠点、嫌な癖、嫌な面が見えてきて、そこから起ってくる問題です。

相手に対して、「ここが嫌だから変えてほしい、こうあってほしい」と要求を始める。その瞬間から非常に険悪な関係になっていくことが多いのです。それがどんどん悪循環した場合には、最後は、ののしり合いのような関係になってしまいます。最初はちょっとしたことから出発するのです。
「うまくいく夫婦仲の法則」P69〜P70


On her eyelashes / lepiaf.geo

かならず、一つは嫌な部分がみえてくるのではないでしょうか?
それが見えたとき、私は、自分の中にも同じような課題があるのだと考えるようにしています。
自分の中にもあるから、感じるのだと。
全くないものならば、気づくことさえないということです。

そして、めったに言わないようにしています。
でも、売り言葉に買い言葉で、ここを直せなんて言われちゃうと、反発して今まで黙っていたことを言ってしまったりします^^;
素直に「はい」と言えればいいのですが・・・・。
そして、かならずケンカに・・・・・><

言わなくて良いことまで言っちゃったりして、かならず後で後悔をすることになります。
決まって私からあやまってしまうのですが、嫌な部分と感じさせてしまっている自分の足りなさに反省し、もう一度出発したいのと、言っていることも一利ありますから、その部分は、できるだけ素直になろうとしています。

ダメな部分を指摘されたとき、すぐに「はい」と答えたり、口答えしなければ、自分との闘いだけですむのに、いつも、そうはいきません。大きく拡大させてしまいます><

まだまだ人間としても、妻としても、母親としても、ダメダメですけれど、まだ、反省して出発しようという意欲がわくので、まだぎりぎり大丈夫なのかな?なんて思ったりもします^^

なかなか自分の課題を乗り越えれなくて、いまだに同じようなことを言われてしまいますが、人は、いつかは変われるし、なりたい自分になれるのだと信じて毎日四苦八苦しながらも頑張っているところです。

本当に、配偶者が指摘されることは、自分に足りなく、今、必要となる私の壁であったり、試練だったり、教訓だったり、成長するための課題だったりと、内容的にむちゃくちゃなものではないと言う点では、主人から言われる言葉はありがたいものだなと、ず〜〜〜〜〜っと後から感じたりもします^^

すぐに気づける、悟れる自分になれたのなら、大きな人間になれるのかなと思う毎日です。

また、あらためて、相手に言われるとき、どう感じてどう反応するのか、とても大切だと感じました。
前回の、「天和道」でも、ありましたが、すぐに反応しない。
これをまずは、できるようになれたなら、一歩、進めるのかな?と思いました。
がんばります!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131429151
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。