2009年10月23日

豊かさの時代の子供の反乱

今や、生活水準の点で、日本ほど子供たちが恵まれている国は、世界にはあまりないでしょう。食べる物も、着る者も不自由がありません。でも「あなたは幸せか」と聞いたら、幸せだという答えは日本の中高生は、外国に比べてはるかに少ないのです。そしてやたらと親に反発するのです。皮肉なことです。それから「結婚したいと思わない」というのが非常に多いのには驚きます。

無理に結婚しなくてもいいというのです。かといって性的な関係を持たないということではないのです。遊ぶのは遊ぶのです。人生をエンジョイしたい。でも何かとややこしい束縛されるような結婚には魅力を感じないというのです。つまり、結婚に希望を感じていない。

これはわれわれ親にも責任があるでしょう。もし、親が仲のいい夫婦だったら、「自分も結婚したい、幸せそうだから」と考えます。しかし、親がいつも喧嘩していたら、子供も結婚に希望がなくなるし、不信感を持って、したいと思わなくなるのです。
「うまくいく夫婦仲の法則」P40〜P43


marriage / kumon

私の両親は特別仲が悪かったわけでもありませんし、私自身も、結婚したくなかったわけでもありませんでしたが、漠然と、このままで結婚してしまっていいのだろうか?とは、思っていました。

テレビのドラマや映画をみても、誰かが好きになって、この子とこの子がくっついたり、離れたりして、それがあたりまえのように登場し、そして、自分自身においても、ず〜と誰か一人を好きでいるわけでもない。人の心は、いつしか変わってしまうものなのだと、感じていたりもしていました。

なので、結婚は、ずーっと同じ人を愛し続けるわけで、そのようなことを、自分ができるのであろうかと、自分に自信もなかったのもありますし、ましてや、相手がずーっと自分を愛してくれるという保障も魅力も何もないと感じていました。

でも、もしも本当に、永遠の愛と言うものがあるのであれば、そのような愛に出会いたいですし、自分自身も、そのように、永遠に一人の人を愛し続けることができたらと、願う思いもありました。

ですから、若い頃、いざ「結婚」なんて、自分には、とても遠い話のように感じていたのを思い出します。

純潔を守り、ただ一人の人を愛し続けるということを、重要に位置づけている統一教会に出会ったからこそ、今私は、結婚できて、子供もあたえられていると感じます。出会えてよかったです^^
実は、統一教会に来た動機の一つです。

統一教会に出会っていなかったら、それなりに結婚はしていたかもしれませんが、すぐに離婚していたか、家庭内別居なんてことをしていたんじゃないかと思います。

主人とも、いろいろありますが、お互い良い親に、仲のよい夫婦になろうと意識して、お互い努力しあえるような、同じ価値観をもって結婚していますから、いつでも、結婚したときの動機に立ち返って、また、一からスタートできます。
本当に感謝です^^

純潔を守ること、夫婦、家族が永遠に愛し合うこと、少なくとも、不倫はいけないこと、絶対にしないぞ!とお互い思っていますから、そういう風にちゃんと思っていてくれる男性の方とめぐり会えたことは、私は、本当に幸せなことだと思っています。

発展途上の私ですけれど、主人も、子供たちも、大きな心で迎えてくれて、受け止めてくれて、成長しあえるよい仲だと、私はそう感じています。
これからも、もっともっと仲の良い夫婦、親子、家族となっていきたいと思いました!!!!!!!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:子供 幸せ 結婚
posted by はっぴー at 00:53| Comment(6) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ、はじめまして。
いつも読ませていただいてます。

私は未婚家庭で育って、幼い時から父がいませんでした。でも、家庭は持ちたいと思ってはいたのですが、あんまりにも未知すぎて、若干、結婚というものに恐怖心がありました。

どうやったら絶対的に幸せな家庭が築けるのだろうと思っていたので、私も統一教会と出会って、
そして、身近な祝福された家庭を見て、結婚に希望が持てました。

今は個人の修行をひた走っていますが、私もはっぴーさんと同じ、仲の良い夫婦、親子、家族を目指します!
長文失礼しました。
Posted by kawai at 2009年10月23日 12:18
突然失礼しますが
統一教会の希望て何ですか?
今の日本には希望がありません
国民は民主党に希望を見出そうとしたようですが
残念ながら国民のわがままを聞くだけの
政策では必ず行き詰まります。
物は充分豊かなのにこれ以上何を与えようというの?
欲しいのは将来の生きる希望です。
特に今の若い人は希望が持てないのですよ!
結婚しても将来の希望がないから
好きになったらくっ付き、いやになれば離れる、
今が幸せだったら、まーいいか!
そういった状況です!
Posted by 空腹の歌学 at 2009年10月23日 21:56
はっぴーさん、うらやましいかぎりです。私は統一教会に出会って真理の御言の偉大さと何よりも神様が送ってくれた真の父母様を教えられたくさんの兄弟姉妹達と出会えたことは財産です。祝福を受けなければ神様の実子圏に入れないと思った時にはショックでした、事情は詳しくは話せませんが祝福と私の間に深い溝があるために祝福を受けて神様との親子の縁を取り戻す歩みを続けている兄弟姉妹達がうらやましくてたまらなかったです。今はその十字架と闘いつつ自らの摂理を歩んでいるところです、でもどんなに心が乱される時でもやはり神様と父母様は本心の拠りどころですし日々の生活を神様も父母様も見守ってくれていると思います。はっぴーさんをはじめとする祝福家庭を尊敬し誇り愛して行ける私になりいつかは祝福を・・・・。長文申し訳ありませんでした。
Posted by ひろちゃん at 2009年10月24日 13:48
kawai さん、はじめまして^^
先輩家庭がいてくださって感謝ですよね^^
私もいろいろと相段にのってもらったりしてます^^
私も気持ちをわかって上げられるように、少なからず、よいアドバイスができるように、よい家庭を創っていきたいです。
Posted by はっぴー at 2009年10月25日 14:04
空腹の歌学さん、コメントありがとうございます^^
本当に、今の姿だけをみていたら、希望がありませんよね。
だけれども、誰しも、よい方向に変われるし、なりたい自分になれると信じています。
ですから、希望の持てるような社会なり、将来なりを、築いていくことは、必ずできると思います。
そうしていくのは、誰でもない、自分自身がよい家庭を築くことだと思っています。
少なくとも、そうして育った子供は、希望を見出していけれるのでは?と思うのです。
Posted by はっぴー at 2009年10月25日 14:10
ひろちゃんさん、コメントありがとうございます^^
とても辛い思いをされているのではないかと感じます。
詳しくは分かりませんが、ひろちゃんさんが、前を向いて進んでいる限り、ひろちゃんさんがあきらめない限り、かならず神様は祝福をくださいます!
一番あきらめていないのは、神様だったと、私も実感するところがあるんですよ。
何よりも、神様と御父母様を慕っている心がとても感じられるひろちゃんさんですから、大丈夫です!その気持ちを大切にしてくださいね^^
私も弱輩ながら、応援させていただきます!
共にがんばりましょう^^
Posted by はっぴー at 2009年10月25日 14:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。