2009年10月07日

子供たちと一緒のときの霊的訓練4

さあ、子供たちが寝る前に本を読んでくれとせがんだとしましょう。私たちは、一日中、子供を見る時間もなく本当に忙しかったのであり、子供たちに「今は、あまりにも疲れているので理解してくれ」と叫びたいかもしれません。しかし、このような態度で葛藤しているとき、どのような思いの列車に乗っているのか見てみましょう。そして、簡単に”葛藤の列車”、あるいは”怒りが出そうになる思いの列車”などと名前を付けたのち、全ての汚染された空気を外に叩き出し、深呼吸で戻ってきます。子供たちと一緒にいる、その瞬間に戻るのです。

いつかは、子供たちがみな成長し、それ以上本を読んであげる機会がなくなるだろうということを知ってください。一緒に時間を過ごすことを願う子供たちに向かってもつ、面倒で怒る感情が私たちの潜在意識に残っていて、あとで怒りと非難として現れるかもしれないことを悟ってください。”今”が貴い時間なのです。子供たちが呼ぶとき、そこに一緒にいてあげるように努力してください。この小さな努力が父母には、大きな確信と信仰を、子供たちには、父母が自分を愛しているという信仰を創造するでしょう。子供たちと一緒に本を読むこと、一緒に修練をして遊んであげること、宿題を手伝ってあげることなどは、私が理解するには、統一教会員として重要で真実な宗教的、霊的訓練です。
「天和堂」P176


The Love of God / JustinLowery.com

子供が私を呼ぶとき、100パーセントそれに答えているかというと、あまり答えてかげてないかも・・・・なんて思ってしまいました。
とくに、下の子ができてからは、上の子には、寂しい思いをさせていると思います><

自分も小さい頃、そうだったですもの・・・・。
できるかぎり、答えていけれるようにしたいと思います。
反省反省^^;

主人は、夜遅くにいつも帰ってきます。
それなのに、できるだけ子供との時間を大事に過ごしてくれます。
感謝です^^

本当に疲れて帰ってくるのに、かならず本を読んでやります。
それから、本を読む前にかならずスキンシップ^^
中国雑技団さながらで、見ている自分は冷や冷やですが・・・^^;
子供は、とても満足して、寝ていると思います。
パパ、ありがとね!

私も今しかない、子供との時間を大事にしていきたいと思います!!!!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:真実
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。