2009年09月21日

子供たちへの二つの徳目14

私は、彼女が娘と一緒に、少なくとも次の二つのことをやってみるよう助言しました。

@家族全員が集まって夕食を食べること、または一週間に一時間だけでも一緒にいるなど、家族間の集まりをもつこと、

A一ヶ月に一度、少なくとも二ヶ月に一度でも、ほかの兄弟たちを除いて、その娘だけとの出会いの時間をもつことです。

もちろん、私がこれを提案したとき、彼女は即座に「それは不可能だ」と言い、「娘は自分とはどんなことも一緒にやろうとしない」と言いました。

私は、彼女に娘との関係の中で、母親がああしなさい、こうしなさいと言うことを娘がそのまま従う、上司と部下のような関係である限り、これは簡単ではないだろうと言いました。
「天和堂」P161


:: Be loved but never love :: / » Zitona « [ UK ]

上司と部下のような関係。
そうはなりたくないです^^;

小さいうちは、何でも教えないといけないかもしれませんが、ある程度の年齢になれば、小さい時のようにはいかなくなる時が絶対来ます。
それが、いつなのか、どんなタイミングなのか、今は、まだ良くわからない世界もありますが、私は、長女で育って来たせいか、性格なのか、強いといわれます^^;

なおさら、私のような人間は、相手のことを思って行動したり、言葉を発しないと傷つける確立が高いと思います。
気をつけなくては^^;

家族が集まって食事をすること、子供一人との時間をつくること。
このことは、子供でなくても自分もされるとうれしいなと思います。

家族とのつながりが、とても重要なのだなと感じました。
その一人の子供を良くするのも、ダメにするのも、家族しだい、親しだい・・・・私しだいなのだなと思いました。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:家族 上司と部下
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。