2009年09月20日

子供たちへの二つの徳目13

私たちは、すべての適切な対応を選択できる技術と能力を啓発しなければなりません。これが正に責任だというのです。無限の自由をもっているという事実を悟ることは、私たちが取る行動を選択でき、その選択には責任が伴うという事実も悟るのです。これは、外的な環境や葛藤を理由にするのではなく、私たち自身に責任を向けることです。ですから,
恐ろしいと同時に、私たち自身がこのようにもあのようにも行動できる選択の自由と、無限の創意性と革新的な能力を用いる自由があることを教えてくれることでもあるのです。
「天和堂」P160


Dreaming in Colour / jeet_sen

自由は、責任がつきものです。
責任のない自由はありえません。

自分自身が成長できるかどうかも、自分次第、自分の責任です。
環境のせいにしてはいけないということです。

しかし、その責任のある自由をもつのは、人間の特権です。
神様と人間にしかありません。

動物にも、植物にもありえません。
それが、神様と人間が親子である証拠のようなものではないかと思います。

昔、今もですが、私は絵が大好きで、絵に関しての仕事につきたいと考えた時期もありました。
しかし、親は絵では食べていけないからと反対され、夢をあきらめてしまい、長いこと親を責める気持ちでいたことがありました。
正しく、環境のせいにしていた自分の典型です^^;;;;;

環境なんて、本当は関係ないのです。親に反対されて絵の学校に行けなかったとしても、夢をあきらめる理由にはなりません。
自分が自分の現実に負けてしまったのだと思います。

絵の道に進むことを選択するのも自分、選択しないのも自分です。
そこには、責任もたしかにあります。
誰かのせいではないのです。

子供との関係であっても、夫婦の間であっても、仕事の内容であってもです。

しかしながら、そうやって、自分で進んでいくことのできるすばらしさも、本当はわかっていないといけないと思いました。
自分には、無限の力があると信じて、歩んでいきたいです^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:自由 責任
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。