2009年09月10日

創造原理4

創造原理 4.gif

●森羅万象の第一原因としていまし給う神も、陽性と陰性の二性性相の相対的関係によって存在せざるを得ないということは当然の結論である。
●神はあらゆる存在の第一原因として、これらすべてのものの主体となる性相と形状とを備えている。この主体的な性相と形状のことを、神の本性相と本形状という。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

神様の似姿で想像されている全宇宙、人間ですから、結果として、森羅万象が二性性相であるならば、もとの神様は、二性性相であることは、あきらかです。

何も見ないで人の顔を書くと、自分に似てくるということを知っていますか?
昔、私は歯科技工士をしていましたが、学校へ通っている時、義歯の作成中、先生がおっしゃっていて、見本を見ないでイメージだけで歯を並べていくと、不思議と自分の歯並びに似てきてしまいます^^
実際に比べてみて、本当に似ていたので、びっくりしたのを覚えています。

自分にある性質が、自分が生み出したものに似てくる、究極的なものは、自分の子供でしょうか。
DNAですが、私たち人間にも、神様と同じDNAが含まれているのではないかと私は考えています。

神様は、姿は見えないそうですが、同じ性質、性格なんかが、似ているのではないでしょうか?
精神世界では、人間の目に見えないけれども、確かにある、心のようなものなのかなと思っています。

DNAは単なる物質だけではなく、心の世界の目に見えないDNAも含まれているような気がします。

非科学的なんて言われそうですが、人の性格の違いは、環境などで左右されることもあるかもしれませんが、もって産まれたその子その子一人一人違う何かがあるのは、子供たちを見て、自分の兄弟を見て、感じるところがあります。

同じ両親、家庭で育ちながら、兄弟はもちろん双子であっても、同じ性格の子供は、一人もいません。
それはもう、両親のDNAだけではなく、神様からくるところのDNAに関与しているのではないかと思えてきます。

誰かの意図された、計画された内容だと思えてくるのです。
偶然にしては、良くできすぎていると思いませんか?
この世に偶然はないと言う方もいらっしゃいます。
私もそう思います。

すべてに意味があり、産まれてきたことも、生きていることも、いずれ死んでいくことですら、何か意味があると思っています。
posted by はっぴー at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。