2009年09月05日

創造原理 2

第一節
神の二性性相と被造世界
(一)神の二性性相

@神様の神性をいかにして知ることができるか

創造原理 2.gif

●無形にいます神の神性は、被造世界を観察することによって、知ることができる。
●作品を見て作者の性稟を知ることができるように、被造万物をみることによって神の神性を知ることができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

私たちの住むこの人間を含めた宇宙をみる時、神様が私たちを作られた動機が、よく分かると思います。
私は、細部までよく考えられ、計画されたように感じることから、たんなる偶然にできたものではないと思っています。

神様がいるのかいないのか、論争する前に、私自身をよく見てみるとき、消しゴムにも創造した目的があるように、私自身にも、何かしら目的があって創造されたと考えるのは、ごく自然な考え方なのではないでしょうか?消しゴムよりももっと複雑な構造をもつ私たちが、ただ偶然にできたとは、どうしても思えません。

アメーバーのようなものから、突然変異や進化で人間ができたのではなく、最終段階として、始めから人間を造ろうとされていたと思います。
サルを作る前に、人間を造ろうと先ず、ご計画があったと思っています。そこで、人間の環境に適している、宇宙や地球、植物や動物などを創造されたのだと思います。
ですので、進化ではなく、はじめから人間を作ろうと思い、それに似た近い動物、植物と、最初からそれぞれめざして創造されたのだと思います。

人間と他の動物が受精卵の途中まで似ているのは、創造者が同じだという証なのだと思います。ある法則をもって創造されているからです。
あらゆる動物の声まねができるのも、動物と同じ機能があるのはそのためだと思います。

赤ちゃんのためにいろいろ準備するように、神様は、子供である人間のためにたくさんのものを準備して下さったのだと思います。
それだけ私たちは、特別な存在で、そんな神様を知るだけでも、おのずと自分を大切にし、自然を大切にし、自分以外の全てのものも大切に出来る本来もっている、優しい心が表に現れてくるのではないかと感じます。

科学的に神様を証明した人はまだいませんが、それは、私たちが無知なだけであって、証明できないからといって、神様はいないという証明にはなりません。

その科学でさえ、不完全なものだと思っています。
なぜなら、科学は、神様の一部分を少し発見したにすぎず、全てを明らかにしているわけではないからです。
もし、完全に科学が解かれたとするならば、それこそ、神様の実在の証明になるのではないかと思っています。


posted by はっぴー at 18:10| Comment(13) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
原理の解説、いつも興味深く拝見しております。
今回も、一つ一つの例題が、良いですね。
いろいろ参考になります。
ありがとうございます。
Posted by yamanen at 2009年09月06日 15:36
【人間と他の動物が受精卵の途中まで似ているのは、創造者が同じだという証なのだと思います。ある法則をもって創造されているからです。】

他の動物はどういう意図を持って創造されたのでしょうか??

【ある法則】とはどんな法則ですか??
「ある」という曖昧な表現ではなく、どんな法則なのか具体的に説明してくださいね!!
Posted by tonbi_sss at 2009年09月06日 17:35
yamanenさん、コメントありがとうございます^^
いつも見てくださって、ありがとうございます。

お褒めの言葉、恐縮です。
もっともっと良い内容があるのではないかと考えています。
yamanenさんこそ、教えてください^^

これからもがんばります!
Posted by はっぴー at 2009年09月07日 09:32
tonbi_sss さん、いつも見てくださってありがとうございます^^

他の動物は、恐竜だったら、化石を発見して喜んだり。
水族館、動物園、ペット、花畑、宝石など、人を楽しませるためだったり。
石油、光合成による酸素や、米、野菜、魚やお肉、などの人間の生きるために欠かせないものだったり。
人間の暮らしになくてはならない密接なつながりを感じませんか?

(ある法則)の件に関してですが、ここではながくなるので、簡単に一言でいいます。
愛が動機である、愛の法則と言っておきます。
これが、全てあてはまるのではないかと感じます。
原理講論の紹介の中で、具体的に紹介できたらと考えています。
Posted by はっぴー at 2009年09月07日 09:46
【愛が動機である、愛の法則と言っておきます】

 そうですか、、、。『愛の法則』ですか、、、。
 『愛』と一口に言ってもいろんな『愛』があるんだそうですね。
 人類愛、親子の愛、夫婦愛、兄弟愛、姉妹愛、友人愛、隣人愛、動植物に対する愛、、、まだありますかね、、、
 『愛の法則』、、、どんな法則か、期待しております。

【科学的に神様を証明した人はまだいませんが、それは、私たちが無知なだけであって、証明できないからといって、神様はいないという証明にはなりません。】

 神様は科学の対象とはなりえません。なぜなら神様は物質ではなく観念上の概念だからです。証明云々の問題ではないのです。
 よって、私たちが無知なわけではありません。

【その科学でさえ、不完全なものだと思っています。
なぜなら、科学は、神様の一部分を少し発見したにすぎず、全てを明らかにしているわけではないからです。
もし、完全に科学が解かれたとするならば、それこそ、神様の実在の証明になるのではないかと思っています】

 科学が神様の一部分を少し発見したということですが、その科学は、科学ではないでしょう。
神様は物質になってしまいますよ、、、!!
Posted by tonbi_sss at 2009年09月13日 16:14
神様は観念ではなく、実在します。

科学=物質ですか?
その物質を作られたのが神様です。
物質さえも、神様のほんの一部分だと思います。
Posted by はっぴー at 2009年09月14日 11:25
【石油、光合成による酸素や、米、野菜、魚やお肉、などの人間の生きるために欠かせないものだったり。
人間の暮らしになくてはならない密接なつながりを感じませんか?】

この自然界には、生物にとって害のあるものもありますよね。場合によっては死に至ることもあります。
人間の暮らしにとって、必ずしも必要ではない、かえって害になるものも多々あることは、良くご存知だと思います。
これらのものも神が創造されたということですよね。
神はどういう目的をもって、これら害あるものを創造されたのでしょうねぇ?

【科学=物質ですか?】

科学が物質でないことはご承知のはずだと思いますが、、、。
科学の対象とするものは物質であり、物質でない神は科学の対象とはなり得ないという事です。【神様は観念ではなく、実在します】ということであれば、その実在証明が科学的にできるということになりますが、、、?

さて、この稿もこれを最後のコメントとします。
いろいろご返事をいただきありがとう、、、。

『愛の法則』、、、どんな法則か、期待しております。
Posted by tonbi_sss at 2009年09月20日 16:33
神様は、愛のお方です。
人間が不幸になるようなものは、お造りにはなられていないと思います。

人間が無知におちいり、本来の使い方を知らないだけだと思います。

人間が作り出すものは、害があるものが多いと感じますが、自然界におけるものは、人間に良いものが多いと思います。

量を間違えると、死に至るものでも、医療の世界では、必要不可欠なものもたくさんあります。
毒でさえ、薬になります。

時代がエコの方向へ流れているのは、本来の人間の姿に一歩近くなっていると感じます。
科学の無知ゆえ、知らずに危険なものを使っていたと思います。

医療の世界でも、薬にたよるのではなく、より自然治癒力を使った治療が多くなってきています。
神様は、いろんなものを準備されているのです。
それを上手に治めることのできなかった私たちだったということだと思います。



Posted by はっぴー at 2009年09月21日 13:02

9月20日に最後のコメントと表明しましたが、ごめんなさい、少々続けさせてください。

@【人間が不幸になるようなものは、お造りにはなられていないと思います】
A【人間が作り出すものは、害があるものが多いと感じますが、自然界におけるものは、人間に良いものが多いと思います】

Aは、『自然界におけるものは人間に良いものが多いけど、悪い(=不幸になるものもある)』という意味あいで仰っているととれます。
そうしますと、@の表現は矛盾しませんでしょうか?

人間にとって毒になるもの、例えば、火山ガス、毒蛇、毒蜘蛛、サソリ、毒キノコ、等などこの自然界には多く存在します。人間が作りだしたものではありませんよね。神様が創造されたとしたら、その目的は何なのでしょうねぇ????

 人間が作り出したもので確かに生活は便利になりはしました。その反面、人間を含めての自然環境に対して悪い面が多々生じています。しかし、科学技術の発達で克服できた点もありますが、核兵器や地球環境問題等などの問題を克服するには、これから更なる人間の大いなる叡智が必要でしょう。
Posted by tonbi_sss at 2009年09月22日 12:25
火山活動や、天然ガスなどを研究して、地球の活動、しいては、宇宙のしくみなど、科学の発見や発達にはこれらのものは不可欠だったはずです。

天然の毒に関しては、医療現場では、すべてといっていいほど、薬は毒を使っています。
そして、本来、動物や植物の毒に関しては、天敵から自分の身を守るための手段であって、人間を殺すために限定され作られているとは思えません。
それらの動物や植物を通して、人生などの教訓や生活の知恵などを学んだり、そして、古代でも、薬として使われていたこともあったかもしれません。

意味のないもの、必要ないものは、ないと思います。
それこそ科学の発達によって、用途はあきらかになっていくのだと思います。
Posted by はっぴー at 2009年09月23日 09:35
また、お邪魔いたします。
【人間が不幸になるようなものは、お造りにはなられていないと思います。】と仰っておりますが、

ならば何故神は、人間にとって有害(=不幸)な火山ガス、毒蛇、毒蜘蛛、サソリ、毒キノコ等を、おつくりになったのでしょうねぇ???

【●作品を見て作者の性稟を知ることができるように、被造万物をみることによって神の神性を知ることができる】

この稿の冒頭にあるように『原理講論』ではいっていますね。
そうだとすると、人間にとって有害(=不幸)な火山ガス、毒蛇、毒蜘蛛、サソリ、毒キノコ等をみることによって、どのような『神の神性』を知りえるのでしょうか????

医療現場・薬がどうだの、科学の発達にとって必要だったかどうかをお尋ねしているのではありません。
Posted by tonbi_sss at 2009年09月26日 14:59
【●無形にいます神の神性は、被造世界を観察することによって、知ることができる】

最初にお尋ねすべきだったと思いましが、仰るところの『神の神性』って、どういうことなんでしょうか?

辞書によれば、
『神性』とは、『神の性格』『神の属性』とあり、
『性格』とは、@『各個人に特有の、ある程度持続的な、感情・意志の面での傾向や性質』とあり、
『属性』とは、『事物の有する特徴・性質』とありました。

今目の前に親知らずの海岸で拾ってきた石があります。どう観察すれば『神の神性』を知ることができるのでしょう?
最小レベルまで細かくして、電子顕微鏡で観察すれば『神の神性』を知ることができるのでしょうか?

神様も見縊られた存在に陥れられたものだと思います。
Posted by tonbi_sss at 2009年09月26日 15:53
例えば、tonbi_sss さんの大切なもの、肉親の形見などは、本人にとって、とても価値あるもだと思います。

心のある人は、海岸で拾ってきた小石一つでも、感動するものです。価値がわからない人にとっては、大きなダイヤモンドであったとしても、大きくて邪魔だと思うかもしれません。

物には、心が入ります。
真心のこもったものを、感じれるかどうかは、自分しだいではないでしょうか?

世の中は、感動するものがたくさんあります。
感動するものだらけです。
電子顕微鏡を通して、神様を感じる方もいると思いますよ。
Posted by はっぴー at 2009年09月27日 15:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。