2009年09月04日

夫婦一緒の修練 4相手の感情を受容する 5葛藤を認める 6感謝の祈祷

C相手の感情を受容する

相手が楽に感情を表現できる環境をつくることは、完全に私たち自身にかかっています。これは、まだ現れていない葛藤をより深く理解する宗教的な修練だと言うことを覚えておかなければなりません。次第に心が窮屈になり、体の姿勢が変わったり、不信感でしかめ面になったりするかもしれません。このような外的な変化をよく感知するのです。このような変化は、不平を感じ、自分が防護的になろうとする兆候なので、このようなときは、もっと警戒しなければなりません。これが批判されていると感じるときに訪れる反応であることを見抜かなければなりません。これもまた自己防護手段の一部です。

D葛藤を認める

さあ、内的な思いの列車と外的に変化を見抜いたなら、今から配偶者が表現しようとすることを、配偶者の立場に立って聞いてみようと努力するのです。感情を排除して、相手が祈祷したとおりに行動する傾向が私にあることを、少なくても時々は、そのように行動したことを認めるのです。これば望ましい最初の段階です。たとえそのようなことがなかったと思っても、賢い傾聴者は、相手が感じる葛藤を事実として認めることができなければなりません。

E感謝の祈祷

二人とも、相手や結婚生活に対する理解と考えを深めることができたので、「感謝の祈祷」で締めくくらなければなりません。伝統的な終わりの祈祷、すなわち自分の名で報告することによって整理します。
「天和堂」P148〜P149


lovely cafe / MR+G


”相手が楽に感情を表現できる環境をつくること”
これは、配偶者に対しても、子供に対しても、重要なことだと感じました。
自分のことを、なんの気兼ねなく言うことができて、もし、どんなに否定的なことを言ったとしても、自分を信頼し、絶対に裏切らないと確信の持てる、そんな、当たり前のような関係が、今の家族間には、乏しいのではないのかと感じました。

そんな家族間、夫婦間なら、自分を高くみせたり、気を使ったり、偽ったりしなくてもすみ、もっと深い関係になれるし、いつでも正直な自分になることができ、もっともっと、人を好きになれるのではないかと感じました。

正に、今の自分に、求められているものであるし、私自身も、そんな居心地の良い場所を求めているのかもしれないと感じました。
心の広い人になりたいです。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
光言社社長の小林です。いつも弊社の本をお読みくださり、ありがとうございます。また、こうしてブログで紹介してくださり、感謝いたします。まさに「光言社のPRブログ」みたいなものです。ただただ、感謝感謝です。

1つだけ気になったことですが、引用する分量がちょっと多過ぎるかな、と感じます。引用ルールの1つに「自分の文章が『主』であり引用部分が質的量的に『従』である」というものがあります。もう少し引用部分を少なくし、ご自分の文章を多くすることをお薦めいたします。そうすると、もっと素敵なブログになっていくと思います。

何はともあれ、光言社の本を読んでくださり、ありがとうございます! 今後もよろしくお願いします。
Posted by 小林浩 at 2009年09月04日 05:37
小林様、このような私のブログにコメントくださいましてありがとうございます。

たしかに、引用部分が多く、内容も長くなってしまい、どうしたものかと考えていました。
引用ルールというものがあるのですね。
まだブログを始めてそうながくないので、指摘してくださって、大変ありがたいです。

今後、自分の文の量を多く、引用を少なくできるように、気をつけます。
今後も、よろしくおねがいします!
Posted by はっぴー at 2009年09月04日 15:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。