2009年07月31日

沈黙

人間関係において、主要なる意思疎通の手段とは何でしょうか。話すことと聞くことです。ところが、統一教会員たちの多くは、主に、”話す”ことに重点を置いた祈祷をしています。特に、神様に何かを求めようとする請願的な祈祷をします。しかし、その反面、多くの場合、私たちは”神に聞く”ことをしません。私たち自身を静かに整え、神様が自ら顕現なさる、沈黙の空間を準備しないのです。

私たちが対話するとき、ある程度の言葉を話してみれば、言葉全体の感じを左右する沈黙の時間があり、文章のピリオドもあるのです。注意深く沈黙の一瞬一瞬に耳を傾けてみれば、その沈黙が、先に私たちが話した内容に、より大きな深見を加えてくれるという事実を知るようになるでしょう。

言語学者のある研究によれば、人間は、意思疎通の90パーセントを言語以外の方法を通して行っています。10パーセントだけが言語を利用しているのです。このような観点から見れば、単純に話しているだけの祈祷を通して結ばれる神様との関係は、どれほど限定されたものになるでしょうか。

聖書は、「静まって、わたしこそ神であることを知れ」(詩篇46篇10節)と教えています。私たちが復活と希望、善の途絶えることのない源泉になる無限の知恵を発見し、感じられる所、同時に神様がもっていらっしゃる深い悲しみと傷を、少しでも感じられる所は、正に”深い沈黙の中”なのです。

「天和堂」P31〜P32


Dark remains / Tanozzo

たしかに、何をどう話そうかばかりに気がいって、神様からの返事を待つ沈黙に関しては、あまり意識をしていなかったと思います。

代表祈祷をする時はなおさらで、その時その時の、場面にあった祈りというものはあると思いますが、心から、神様に通じたと思えるような祈祷は、あまり実感がないかもしれません。

数十年生きてきた中で、祈祷をするなんて事は、統一教会に来てから初めての事でした。
初めて祈祷なるものを始めてから、もう十数年立ちますが、今もなお、祈祷は私にとって、苦手な分野です。

親と話すのに、苦手も何も本来はないはずですが、苦手に感じてしまう程、どこか、ずっと遠く、高い位置に、神様を、おいやり、位置づけてしまっている自分なのだと改めて感じました。

言葉のテクニックではなく、心の底の、深い部分で神様とつながっていきたいと感じました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

ラベル:祈祷 沈黙
posted by はっぴー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いつも,中身の濃い記事をありがとうございます。

 私も「祈り」は苦手なのですが、本当に悔い改めて深く祈った時に、自分自身の腹の底から神様の声が返って来たことがありました。
 神様というのは、高くて遠いところにいらっしゃるのではなく、自分自身の心の奥底にいらっしゃる事を、その時に感じました。
Posted by kei at 2009年08月01日 18:54
keiさん、コメントありがとうございます!

神体験なされたそうで、本当にすばらしいですね^^
私も、もっと深い祈りができるように、がんばります1
Posted by はっぴー at 2009年08月05日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。