2009年05月09日

お酒やタバコはだめ

神様は人間をご自身の子女として創造し
その心と体に住んで
ともに暮らそうと考えていらっしゃいました。
ところが人間の堕落によって
そうすることができなくなってしまいました。
サタンの目標は
神様が住めなくすることです。
そうすることで自分の居場所が生じるからです。

お酒やタバコは皆さんの心や体を汚し
神様や真の御父母様が遠ざかるだけでなく
サタンが入りこんできます。
サタンと一緒にいるようになるのです。

ですからお酒やタバコは絶対にいけません。
それを通して
たくさんの悪霊が居座るようになるからです。
そうなれば
自分の意志によって生きられず
サタンにコントロールされて生きざるをえません。
もちろん天国にも行けなくなります。

「二世の生活」P94〜P95

お酒やタバコや女で身を滅ぼしてしまう話はよく聞きます。
最近でも某有名人が酔って裸になっていろいろと波紋がありましたね。
結婚する前に働いていた会社の社長さんが、お酒を飲まない人は人生の半分をつまらなくし、棒にふっているなどと私に言ってましたが、お酒の為に恥をかく事も多いかと思っていました。
なんでもいき過ぎは良くないと言う事でしょうか?
私の周りでお酒やタバコを飲む方は殆んど居なく、親戚にもあまりいません。子育てで忘年会も新年会もありませんから、誘われる事もなく、ある意味守られています。
しかし、新入社員など、上司に断りずらい方も多いかと・・・。
そして、仕事などのもやもやを発散するなど、ないと生きれない!という方もいるのかもしれませんが・・・。
最終的には自分次第。
一時的なうっぷん晴らしで人生を狂わしてしまうならば、もっと自分を持って、たたかうくらいでないと、後悔する事になるのではないでしょうか?
いろいろ意見もあると思いますが、お酒やタバコがなくても、楽しい人生にしていけると私は信じます。
posted by はっぴー at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。