2009年05月08日

心情を蹂躙するな

サタンは言葉を使って
皆さんの仲を心情的に引き裂こうとします。

サタンの好むひどい言葉で
友だちの心を傷つけてはいけません。

「心情を蹂躙する」というのは
相手のことをよく考えもせずに
勝手なことを言うことです。
いくら相手のことをよく知っているからといって
何でも口に出していいというわけではありません。
それが友だちというものです。

愛ある言葉、思いやりのある言葉を使って
ともに生きる天国を建設しなければなりません。

想わず口に出した一言で
友だちが心情的に
死んでしまうことがある
ということを心得て
生活しなければなりません。

「二世の生活」P87〜P88

口は災いの元とはよく言ったものでして・・・。
傷つけようと思って言った言葉ではなくても、その一言で相手を深く傷つけてしまったり、反対に自分が傷ついたりと、本当に難しいなと思うことが時々あります。
それは家族の間でも、夫婦間でも。
故意にすることはもちろんアウトですが、そうではなく、知らぬうちに人を傷つけてしまうことは、少なくとも一度は誰でもあると思います。
そんな時、お互いが相手を許しあえたり、反省できたなら、まだ良いと私は思います。
誰でも間違いはあるし、成長する途中だから。
完璧な人はどこにもいません。
家族、夫婦なら、共に相手の足りない部分を補いあって、共に成長出来る関係だと、とても素敵だと思います。
posted by はっぴー at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
言葉が人に人格をもたらし、文化や希望・未来・自由を創り世界を動かすのですね☆。・。・
難しい世界ですね。。
Posted by たまご at 2010年02月27日 04:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。