2010年08月01日

生まれてきてくれてありがとう

長い長い不妊治療のすえに
神様から授かった娘。
43歳の初産だった。
ようやく逆子がなおったと思ったら
いきなり破水。
陣痛が弱く
結局は帝王切開になった。
胸の上にちょこんとすわらされている
初対面の娘に
涙ながらにかけた言葉は
「生まれてきてくれてありがとう」
(神奈川県 45歳)「神様に愛された日」


feather / timsnell

自分の子どもたちのことを思い出しますね^^

私も本当に「生まれてきてくれてありがとう」という心境でした。
とってもよくわかります^^

一人目の子は、特に何も問題なく出産していますが、初めてずくしで、いろんなことが感謝でいっぱいでした。
先に破水をしたものの、普通分娩で無事産まれてきてくれて、自分も母になれるのだと感動したのを覚えています。

そして、二人目は、とっても試練の多い妊婦生活と出産でした。
授かって束の間、染色体異常で産まれてくる確立がとても高いと言われ、とてもびっくりしましたが、どんな子でもかわいがって育てると決意して望みました。

そして、その気持ちが固まると同時に、今度は子宮頸管が普通より短いので、流産しやすいと言われ、頸管を縛る手術をしました。
一ヶ月ほどの入院生活を経て、その後は絶対安静で、外に出られない生活が始まります。

そしてやっとのことで出産のときが来たかと思いきや、今度は、小さいうちに骨盤内に下がってきていたので、うまく回転が出来ず、帝王切開になりました。

でも、染色体の異常もなく、五体満足で無事産まれてきてくれた息子に、本当に無事に元気に生まれてきてくれてありがとうと、思いました。

産まれてくるまでの、手術の恐怖や、絶対安静の囚われの身のような生活を思い浮かべるたびに、この子の尊い命のためだったのだと思うと、すべて感謝に変わりました。

二人とも特別な子どもです^^
元気に二人でじゃれて遊んでいるのを見ていると、がんばって良かったなって思いますし、神様が、授けてくれたことに感謝でいっぱいになります。

無事二人を産めたので、今度は、しっかり良い子に育てていかなきゃですよね^^
がんばります!

そしていつまでも仲良しさんでいたいです^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 神様に愛された日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。