2010年03月18日

夫をうまく立ててくれる

実際には、家庭内のことはほとんどお母さんペースで進んでいる家庭が多いでしょう。しかし、少なくとも我が家の中心は誰であるかということは子供たちの前にはっきり教えておかなければなりません。そうしないと、男の子たちは理想の父親像を見ることがでいないし、女の子たちは理想の母親像を見ることができないままに成長し、やがて大人になった時に自立できなかったり、結婚した時に正しく父親、母親の立場に立てないということが起ってきます。最高裁の付属機関の報告書にもあるように、最近殺人事件を起こした凶悪犯少年の育った家庭はみな、夫婦仲が悪く、父親がほとんど影響力を持たない家庭か、逆に家族に暴力を振るう父親でした。
古くさい男尊女卑を説いているのではありません。しかし、最後は夫を必ず立てる、父親を中心にまとまる、という姿勢を取ることは正しい家族形成の上で大事なことです。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P142


Cosmos(Hamarikyu Gardens) / kanegen


夫婦仲が、子供にとって、とっても大きく影響をあたえるものなのだと、あらためて考えさせられました。
どんなに女性が強くても、家の中のことを母親が取り仕切っていたとしても、肝心要は、一家の主、ご主人様を中心としていなければ、どんどん家族はおろか、子供の人生まで狂わしてしまうかもしれないということを思うと、夫婦は、本当に中が良くなければならないですし、何を中心としているのか、順番があるのだと言うことを知りました。

男女平等の世の中ではありますが、家庭内では、この順番が間違ってしまうと、とんでもないことになるのですね・・・・><

主人を、頼りにし、尊敬し、立てること。
本当に大切なことなのだと感じました。

結局、家族皆、そして、私自身も、幸せになる道は、こういうところなんだなと思います。


職場で最近、離婚をされるという方がいます。
一人お子さんがいますが、その子のことを思うと、なんだか切なくなってしまいます。
原因や、詳しい事は知りませんが、家族がバラバラになるということは、悲しいことだと感じます。

少しだけでもお互いに相手を思いやる心があれば、離婚はしなくても良かったのではないかと思います。
悩んだ挙句に、そうなってしまったのかもしれません。
でも、そうならないように努力することは、本当に大切なのだと思いました。

うちもケンカをしたり、仲直りしてみたり、いろいろとありますが、逃げないで、向き合って、家族が一つとなっていけれるように、がんばりたいと思います^^


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。