2010年01月28日

愛情表現をはっきりと

愛情表現の仕方は欧米人と比べると東洋人は非常に地味です。特に日本人は愛情表現が苦手と言われています。

「奥ゆかしさ」とか「以心伝心」というのは日本独特の「美徳」ではありますが、これは世界では通用しないと言うことを、私も最近感ずるようにありました。愛情ははっきり表現しなければ、相手に伝わらない。伝わらないと言うことは相手から見たら「ない」のと同じです。

愛情はお互いに「待ってるつもり」ではだめです。はっきりと表さなければなりません。女性は夫から何度でもやさしい言葉を聞いて、愛情を確認したいと思っているのです。一日に何度でも愛情表現をしてほしいと思っているのです。

ではここで、女性読者の皆さんにご質問します。

@結婚式以降、はっきりと「あなたを愛している」と言葉で表現を受けたことのある方はいますか?

Aこの一年以内に、夫から「愛しているよ」とはっきりと言葉で表現してもらったことのある女性はいますか?

答えはいかがでしたか。

はっきり「君を愛してるよ」「そういうところが好きだよ」「やっぱり私にはあんたが一番だ」「君と結婚して本当に良かったよ」と、表現はいろいろあるでしょうが、そういうことをはっきり言ってくれたら、女性は本当に嬉しいのです。

ですから、男性に絶対に必要な能力は「愛情表現をする魅力」です。愛情表現できないか、あるいは下手な男性は、男性としての基本的魅力の一つを欠いていると言ってもいいでしょう。つまり女性を喜ばせることができない、心の底から満足させることができないということです。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P115〜P118


Fish-scale sky / ellenm1

自分が必要とされ、感心をもってもらえたら、本当にうれしいですよね^^
それは、身内であるほど、うれしさ倍増すると思います。

お互い待っているのではなく、愛を与え、表現することが大切なのだなと、夫婦間においては、結婚する前よりも、結婚した後のほうが、より重要なことなのだと感じました。

何事も、相手に伝わるように表現すること。
大事なのですね^^
子供ももちろんですが、妻、夫に対しては、一番に思っていかなければならないのだと感じました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。