2010年01月26日

共働き時代の夫婦の危機

女性は経済的な面においては家計の必要を満たしてほしいと思っているので。夫に経済的能力がなくなると、つい夫を軽んじるようになります。しかし、これは夫婦がうまくいかなくなる大きな原因になります。

離婚に至るケースの場合、奥さんが勤めを持っている、あるいは収入能力があるという場合がおおいのです。奥さんが収入能力がなかった時代には我慢しながらでもついて行きますが、最近は女性も社会進出して仕事があるので、無理して一緒にいなくてもいいということになって、離婚を容易にしているという一面もあります。

特に妻のほうが夫以上の収入を取るようになった場合、夫に対する言動には気をつけなければなりません。無意識のうちに高慢になって夫を見下すようになるのです。これは男性の自尊心を決定的に傷つけることになります。

なぜかというと、男性は「家族を養い、守り、保護してやりたい」という気持ちを強く持っています。そういう点において妻には負けたくないのです。

だから、収入能力が逆転してしまい、皮肉の一つも言われるようになると、「もうおれは必要ないのか」と感じ、急速に冷めてくるのです。そういう時こそ、賢い妻は夫を立て、「あなたがいてくれて助かるわ」と言います。家族から頼りとされ、信頼され、感謝される・・・・・・それが男のプライドであり、生き甲斐なのです。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P110


puppy near bowl / brad_holt

私の何気ない一言で、私にとっては何でもない一言なのですが、主人にとっては、とても気になる一言だったということも少なくありません。

夫よりも収入が多くなるのは、私の場合、本当に避けたほうがよさそうです。無意識のうちに、主人を傷つけてしまう危険性が高いかもしれません^^;収入が高くなくても傷つけてしまうから・・・・。(ゴメンナサイ><)

妻が美容院を経営して、夫が主夫をしているという夫婦を知っています。
家庭を持ってから、ずっとそうしてきているそうです。
奥さんは賢い方なのだと感じます。
離婚もしないで、仲良くしていますから。
すごいですよね^^

どちらの収入が高いか低いかが問題ではなく、どれだけ相手の身になって考えてあげられるか。
尊敬し、必要とし、愛してゆけれるのかが、一番の問題であると思いました。また、必要とされるような自分となれるように、がんばりたいと思いました^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。