2010年01月22日

家計についての責任

男性は、結婚したその日から生涯下ろすことのない「ある重荷」を背負うことにあります。そして一生ずっと、そのプレッシャーを感じながら生きています。それは、家族を養う一家の大黒柱として「妻と子供に惨めな思いをさせてはいけない」という使命感、責任感です。これは女性には分からない世界があります。

「寂しい思いをさせてはいけない」「惨めな思いをさせてはいけない」という気持ちが男性には本能的に強いのです。だからどうしても仕事第一になり、仕事を一生懸命すること事態が「妻への愛」だと思うのは無理のないところがあります。

男性にとって仕事のウエイトがどんなに大きいかと言うことは、クビになったり、事業が失敗したり、多額の借金を抱えた場合、仕事上の責任から死を選ぶことがあることからも分かります。

妻は夫の仕事の状態や事情についっては関心を持って聞いておくことが大切です。そして、本当に男子絵が苦悩しているときを察知して心の支えになれなければいけません。

しかし一方、女性は究極的には「愛に生きる」世界がありますから、その面では男性の理解を超えた世界があります。愛し慕った男性が旅立ったとき後を追って死ぬようなことがありますし、逆に、信じきった男性から完全に裏切られたときに死を選ぶ、そういうこともあります。そこにも男性と女性の違う特性を見ます。

ですから、男性は気をつけないと、仕事一本になるあまり、妻の心の空洞に気がつかないことがあります。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P104〜P106


Maltese-Shihtzu puppy after first bath / wsilver

仕事の面に関しては、昔、私は女性で良かった、男性だと、責任があるってことは、大変だなと思たことを覚えています。

女性の中では、仕事はそろほどウエイトは高くないはないなと私も感じます。
でも、より良い、やりがいのある、そんな仕事をしたいと言う気持ちはあります。

ただ、仕事自体が、自分の人生を狂わしてしまうとまでは、感じていないと思います。
それよりも、もっと、夫との関係や子供たちへのこととかが、より大きく感じていると思います。

本当にこの本って、まとを得てます^^
主人に男性のことを聞いたら、ここに書かれているとおり。よく分かるといっていました。

このブログを読んで下さっている皆さんは、どう思われているのでしょうか?

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。