2010年01月09日

対話に対する捉え方の違い

用件があるから話す男性

特に、男性と女性の違いが際立っているのが「対話」というものに対する捉え方です。

男性が話をするときは「目的」もはっきりしています。だから結論を急ごうとします。また、男性の会話は情報収集型です。常に何かを知ろうとして話をします。

また、男性は言葉を「支配の手段」と考えています。つまり話して相手を説得し、自分の考え方を受け入れさせようとします。要件を明確に伝えて、相手を納得させたいと思うのです。人から何か尋ねられたり、話しかけられたら、すぐにそれに対して、「ああ、この人は自分に回答を求めているんだ」と考えてしまいます。自分に解決策を求めているんだと考えて、「自分はこういう風にしたらいいと思う」と言うのです。そして話をすることによって、自分に対する信頼を得たい、認定を受けたいという気持ちがあります。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P80〜P81


花花 / .HEI

主人と話をしていて、主人は、本当に話をするのが上手だなと感じます。

なかなか私は、感情が先走り、順序だててわかりやすく説明するのが苦手です^^;
うまく伝わってないときもあります。
そして、思わぬ誤解をまねいたりして・・・・・。
日本語も普段使っていますが、何かを伝えるってことは、難しし、ちゃんとした日本語話せてるの?なんて反省してしまうことも・・・・。

まあ、とにかく、お互い、話をよく聞くことから何事も始まっていくのだと感じました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------



posted by はっぴー at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。