2010年01月31日

夫の行動を改善させようとする

夫に対して「ここが嫌だから変わってほしい」と言っても、それに対して「はいはい。分かりました」と聞いてくれる人はほとんどありません。夫は感情的に反発して関係が険悪になることが多いのです。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P122


Ella the Snow Dog / jpctalbot

「ここが嫌だから変わってほしい」
なんて、私の方が言われちゃいますが・・・・^^;

男性が女性から言われると、カチンとくるものなんでしょうね。
まだ、私も少なからずいい気はしませんが、まだ、自分のためを思ってのことだと思えますし、女性が男性から言われても、まだ、おかしなことに発展はしていかないのかもしれません。

かといって、女性でも言われたらいやですよね?

結局、相手をなんとかしようという動機が間違っているのだと感じます。
女性はもちろんですが、男性にとっても、あまり良いこととは思えません。

当たり前ですが、より、褒め合えるような関係のほうが、もっと上手くいくと思います^^

女性は同じようでも、もっと気をつけなければならないという事なんでしょう。
気をつけます^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

おかしやすい失敗

妻がおかしやすい失敗

@夫の行動を改善させようとする
A夫が願ってもいないアドバイスをする
B夫のありのままを受け入れない
C夫がやったことに感謝しないで不平を言う
D子供に言うように夫の行動を叱ったり指示する
E夫が何かを主導的に決定したことを批判する
F「だから言ったじゃないの」と言う

夫がおかしやすい失敗

@妻の話に耳を傾けない
A妻の愚痴を聞いてすぐ起る
B妻の話に同情しないで、すぐ知的に忠告しようとする
C仕事や子供ばかり優先して、妻の欲求を軽んじてしまう
D話を聞いて何も言わない
F「あんたの言うことは筋が通っていない」



項目を並べてみました。
明日は、徐々に解説文を紹介していきます。

失敗しないよう、努力しなくては^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------

posted by はっぴー at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

信頼と賞賛

世界中の男性が説に欲していることがあります。それが「賞賛」です。

妻が自分のやっていることを信頼し、その価値を認めてくれ、そして自分が頑張っていることに対して褒めてくれ、また激励してくれる。そうしてくれたとき男性は妻の愛を感じて、その妻や子供のためにもっと頑張ろうという力が湧いてきます。

世界中のすべての人間が一番欲している二つの欲求があります。どんな国のどんな人間も欲している根本的な欲求、それは「愛されたい」という欲求と「褒められたい」という欲求です。小さな赤ん坊にもあるし、80歳のおじいさん、おばあさんにもあります。動物にさえもそういう欲求があります。

だから「幸せ」とは、この二つの欲求が満たされたときに感じる情感です。周りの人からも家族からも愛されていると感じ、自分がやっていることを評価し、価値を認めてくれ、褒めてくれるときに自分は「幸せだ」と感じるのです。

反対に「不幸」というのは、この二つが満たされない状態に陥ったときに感じるものです。自分は誰からも愛されず、嫌われて、誰も自分を認めてくれない、褒めてもくれないときに、自分は「不幸だ」と感じるのです。そう考えたときに、愛されたいという気持ち、褒められたいという気持ちはどの人にもあるのです。

結婚してからどうなりやすいかというと、妻がのどから手が出るほど欲している愛情表現を夫はめったに与えない。また夫が上乾くほどの欲している称賛の言葉を妻はめったに与えない。その結果、お互いにものすごい不満、不信がつのります。

だからこそ逆に、お互いにそれを与えたらよいのです。

男性には、特に「称賛」が必要であり、また効き目があります。
女性には「愛」がより必要であり、切にそれを求めています。

したがって、妻は夫の長所を褒めてあげる能力を高めること、そして、夫は妻へ愛情を表現する能力を磨くことが夫婦円満の秘訣でしょう。
「褒められたい夫、愛されたい妻」P119〜P121


Solitude on a Winter Solstice.. / Serge Arsenie

人を褒めるって、簡単のようで、結構難しいものですよね?
主人の良いところをたくさん褒めてあげられる妻になっていきたいです^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。