2009年12月25日

分かれる理由

誰でも結婚するときは、仲の良い素敵な夫婦になりたいと夢を描いて結婚します。皆さんも結婚式のときのことを思い出してみて下さい。恋愛結婚、見合い結婚、できちゃった婚・・・・・いろいろな形の結婚があるでしょう。誓いの仕方も神前、仏前、あるいはチャペルでといろいろな誓い方があるでしょう。しかしどんな形であれ、結婚式のときの二人の夢と希望があったはずです。

”仲の良い夫婦。やがてかわいい子供たちの誕生。楽しい一家団欒。・・・・・周りからも羨ましく思われるような温かい家庭を築いて幸せになりたい”と思わなかったでしょうか?主輪なったら結婚はしなかったでしょう。ところが一年、三年、五年と経っていく中で、なかなか思いどおりにいかない。やがて夫婦の葛藤が始まり、そして悩んだ末に離婚にまで至ることもあります。

そこで、離婚にいたる理由について少し調べてみましょう。世界の統計と日本の統計では、動機理由が少し違います。世界にはいろいろな国があります。宗教的国家もあれば唯物論の国もあり、宗教も多種多様です。あるいは先進国も発展途上国もあります。そういう中で、世界的な離婚の理由は何でしょうか?
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P49


Moonrise at Santa Teresa Park / *~Dawn~*

”誰でも結婚するときは、仲の良い素敵な夫婦になりたいと夢を描いて結婚します”

本当にその通りですよね。
なのに、なんの努力もしなければ、離婚への道を進んで行ってしまいがちです。
不思議な話です。
まるで、だれかが邪魔をしているようにも思えてきます。

もしも、そうだったとしても、その力に負けないほどの家族の絆を築くことも必要ですし、それなりの努力も必要なことなのだということを踏まえたうえで、この結婚生活をおくっていかなければ、本当に大変なのではないでしょうか?

そこまで力まなくとも・・・・・と、言われてしまうかもしれませんが、力まないと、度も方向へ流れていくのか目に見えてわかりますし、夫婦の仲は、それほど、力を込めて取り組むべきものだと、その価値があるのだと思います。

また、世界では、いろんな環境、いろんな宗教、いろんな伝統というものがあります。
日本の常識が、世界の非常識。
世界を知ることで、自分の位置も分かる部分もあるのだろうし、
自分と言う者の考え方が、どれほどのものなのかも、わかってくるのかもしれないと感じました。

自分の中だけの、狭い考え方が、もしかしたら、離婚の道へと導いているのかもしれないと感じるからです。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。