2009年12月22日

結婚の破綻が本人に及ぼす影響

さらに、アメリカほど離婚・再婚が日常低に行われる社会であったとしても、結婚生活の破綻は、本人たちに大きな影響を与えているとフェイガン氏は言います。

・平均余命の短縮・・・・離婚した白人男性が早死にする割合は、結婚している場合の4倍。
・肉体的健康の悪化。
・精神的健康の悪化。
・経済的状況の低下。

以上のような調査結果は、アメリカでのことであり、日本にすべてが当てはまるとは言えないかもしれません。

少なくとも今、日本は家庭問題を中心に、歴史的にも大きな曲がり角にきていることは間違いありません。

人類の誕生以来、「家庭」は社会と国家の基礎であり、家庭倫理崩壊が一文明国家の衰亡をもたらすことは歴史がよく示すところです。また、家庭が崩壊したとき、家族の幸福も、地域社会も、国家も、大きな危機に直面することになることは、現在既に我々が経験し始めているところです。

では、そのような家庭崩壊はどこから始まるのかというと、結局夫婦関係の破綻からであることは言うまでもありません。したがって、今こそ正しい家庭作りのための、より良い夫婦のあり方をもう一度真剣に考えなければならない時にきているのではないでしょうか。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P42〜P43


Peace Park memorial - Turkey / MShades

より良い夫婦のあり方を、本当に、真剣に考えていかなえればならないそんな時が実際に来ているのだと感じます。

世紀末や、救世主なるものや、大予言や、大災害なるものが、現在、いろいろと言われ、話題にもなっていると思います。

単なるまゆつばものでもないと私は感じます。

実際に、家庭の崩壊が、世界の、社会の崩壊を意味しているとするならば、なおさら、今、見直していくと言うことは、懸命なことだと思いますがどうでしょうか?

ひとりひとりが個人的なことにとらわれ、とても大切なものをおいてきてしまっているように感じます。

世界のため。というと、大げさな感じがしますが、家族の仲が良くなって、一番良かったと思うのは、誰でもない、自分自身だと思います。
自分が幸せに、家族が幸せになりことは、皆が幸せになるための第一歩なのだと思います!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。