2009年12月20日

結婚の破綻が子供に与える影響

フェイガン氏の研究によると、結婚生活の破綻が子供の成長に与える影響は想像以上に大きく深刻です。分かれる前であれ、別れた後であれ、父親と母親が罵り合うような環境に置かれた場合には、子供は心身両面において影響を受けます。具体的に列挙すれば、親の結婚生活が破綻した場合、次のような影響が顕著に表れてくるということです。

・新生児の健康状態が悪化し、幼児の死亡率が高くなる。
・知能、とりわけ言語能力の発達が遅れる。
・学校の成績が下がる。
・仕事を達成する能力が低下する。
・行動上の問題が増加する。
・衝動を抑える力が低下する。
・社会性の発達が歪められる。
・福祉への依存性が高くなる。米国では今日、福祉に依存している子供の92%は崩壊した家庭の出身である。
・地域社会における犯罪が増加する。
・肉体的または性的な虐待を受ける危険が増加する。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P39〜P40


eggs of many colors / woodleywonderworks

幼児の志望率が高くなるなんて、思っても見ませんでした><
確かに、おなかにいるときに、あまりにもケンカばかりしていると、外に出たくないと思って、おなかの中で死んでしまうことがあると聞いたことがあります。

お腹の赤ちゃんが、6ヶ月もすぎると、外の音や、声なども聞くことができるようなります。
そのときに、いがみ合う両親の声を毎日聞いていたら、産まれたくない、怖いよ〜なんて思われてしまうのも分かるような気がします。
どうせならば、愛情たっぷりの両親の元へ産まれたいと思うのでしょうね・・・・・。

せっかく産まれてきたわが子に、そんなかなしい思いをさせたくありません><

犠牲になるのは、なんといっても子供たちです。
本当に仲のよい夫婦、めざしましょう!!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。