2009年12月19日

同棲経験は結婚生活にプラスがマイナスか

「できちゃった婚」という言葉が数年前から、よく聞かれるようになりましたが、日本でも未婚男女の同棲が非常に増えています。「よく相手を知ったうえで結婚できる」「性生活にも習熟して結婚する方がうまくいくんだ」というようなことが、まことしやかに言われていますが、現実のデータは、それとは全く反対の結果を示しています。フェイガン氏の研究によれば、同棲経験のない男女が結婚して、その夫婦が離婚する確立を基準値とした場合、同棲経験のある男女が結婚したときの離婚に至る割合は次のような比率になります。

A、結婚した相手とかつて同棲していた夫婦の離婚率はその2倍
B、結婚した相手以外の人と同棲していたことがある夫婦の離婚率はその4倍


そういう事実を考えてみれば、強い信頼で結ばれた夫婦、明るく幸せな家族関係を築くには、やはり、結婚前の性交渉や同棲は慎むべきであると言えます。
「ほめられたい夫、愛されたい妻」P38


bloomin' onions! / thanker212

フェイガン氏とは、元米国厚生省事務官で、現在、ヘリテージ財団の家庭・文化問題部門上級特別研究員をしています。

日本にも招かれて講演シンポジウムも行われ、ここからは、1999年、東京・大阪で行われた国際教育シンポジウム「養育と家庭をどう再建するか〜米国からの提言〜」によります。

『結婚前の性交渉や同棲は慎むべきであると言えます。』
私も同感です。
その時の一時的な感情で、むやみにするものではないと思います。

そう、まさに一時的なものにすぎず、永遠の愛とはほど遠いものなのだと思います。

結婚まで貞操を守る。
これはすばらしいことだと思います。

これから必ず出会える運命の人のために、自分を大切にしていってほしいと思います^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ほめられたい夫愛されたい妻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。