2009年11月21日

相手の自尊心を傷つけないように

(愛夫度ーE、J、K、L)

男性は「家の大黒柱としての役割に責任を感じ、それを果たすことに誇りと喜びを感じ、生き甲斐を感じます。結婚して家庭を成した以上、「家族には惨めな思いをさせたくない」という強い使命感で生きています。その使命を果たすことから来る、「誇りと自尊心」というものがあります。家族から頼りとされ感謝されることに喜びを感じるのです。この男性の誇りと自尊心を決して傷つけてはいけません。

ですから、女性はいつも男性を家長として立ててあげ、感謝と称賛のエールを送れば、男性は限りなく自信に溢れて「もっと、もっと」と成長していきます。いわゆる「理想の男性」=「気は優しく力持ちの男」になっていくのです。
「うまくいく夫婦仲の法則」P126


Wooden Roses / lissalou66

「誇りと自尊心」
プライドということですよね?

女性にもプライドはあります。
しかし、男性の方のプライドとは、比べ物にならないくらい大きな差があるのだと感じます。

所詮女性のプライドは、砕かれても砕かれても、本当はなんてことはないものなのかもしれません。
いっそ、砕かれたほうが、いいように思います。
その方が、かわいげのある、心の広い包み込むような母なる気質を備えられるのでは?そう思います。

旦那様を大事に思い、大黒柱として立派に立ってもらうには、本当に妻の支えが必要なのだと感じました。
主人に、もっとエールを送りたいと思います。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
タグ:自尊心 誇り
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。