2009年11月01日

相手を変えようとすると

それだけではありません。恋愛中は「あばたもえくぼ」に見えますが、結婚して落ち着いて見てみると、「あばた」はやっぱり「あばた」だった、ということが分かってくる。さらに、結婚前には見えなかった「あばた」が、どんどん浮かび上がって見えるようになる。結婚したら隠しようがないのです。相手のいやな点、欠点が見えてくる。それを変えて欲しいものだから、つい相手に変わってくれと要求し始める。要求しあうような関係になると、そこから夫婦の葛藤が起ってくるのです。

自分は「願い手」一辺倒になっていないだろうか。結婚するときに相手に願っていたことと現実が違うということに失望して、挫折して、すべてのことが不満になり、自分は不幸だと感じてはないだろうか。もしそうであれば、実は自分の配偶者も間違いなく不幸になっているのだ。なぜか。片方だけ幸せとくことはない。

「あなたのここがいやだから変えてほしい」。結婚生活の葛藤はここから始まるというのです。実際に変われと要求しても、相手は素直に変わってくれないし、逆に反発して険悪な関係になります。ではどうしたらいいのか。それは、「助け手」になることです。
「うまくいく夫婦仲の法則」P74〜P75


Together Forever / mysza831

「あばたもえくぼ」
一度えくぼに見えたら、そのままでその人のチャームポイントとして見られたらいいのに〜ですよね^^

よく見えるように神様が細工をするのでしょうか?
気の持ちようで、どうにでも見えてしまうことなのか、どちらにせよ、何かの縁で結婚することになったのですから、軽はずみなことはできませんよね^^;
それほど恋愛というものは、ある意味危険なのかもしれません。

恋愛をすると、周りも見えなくなり、自分自身も適切な判断ができなくなります。お見合い結婚よりも、恋愛結婚の方が離婚率が高いと聞いたことがあります。こういった理由なのかもしれません。

「願い手」だけでいる者ではなく、相手の「助け手」となれるように、気持ちを切り替えて、お互いの足りない部分を補いあえるような関係になるということは、素敵なことだと思いました。

これぞ、夫婦なのだと感じます。
自分の幸せ、自分の好み、自分の都合のよい相手ではなく、お互いが成長していけれる関係なのだと思います。
そうなれるように、私も努力していきたいと思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:願い手 助け手
posted by はっぴー at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。