2009年10月26日

結婚生活の夢

では私たちはどうでしょうか。最初はどんな気持ちで結婚式に臨んだのでしょうか?

あなたは結婚するときにどんな夢を描いていましたか?「仲のいい夫婦、かわいい子供、豊かな生活、楽しい一家団欒、明るく暖かい家庭」。そういう夢を持ちませんでしたか?それが幸せというものです。「いや、われわれは結婚式のときから、将来はののしり合い茶碗を投げ合う、そういう夫婦になるのが目標でした」というような人はいないでしょう。

結婚するときは、誰も離婚なんて考えません。仲のいい夫婦、幸せな家庭を願って結婚するのです。しかし、結婚して一年、二年経っていくと難しいことが起り始めます。そして、遂にはどうしようもない状態に陥って、離婚に至るの場合が少なくありません。
「うまくいく夫婦仲の法則」P59


Our Wedding Album / SimonShaw

本当にそうですよね。だれも、離婚のことを想定して結婚なんかしませんよね。
私の故郷は、北海道ですが、北海道って、離婚の確立が一番高いと昔聞いたことがあります^^;
今はどうなっているのかわかりませんが、決して低くはないのではないかと思います。

北海道の結婚式って、大体が会費制で、人を呼べば呼ぶほどお金が残ると聞きました。だからなのか、あまり経済的にもしがらみがないといいますか、問題なく、そして、感じることは、両家とのつながり、かかわり方が少ないような気がします。
他の地域と違って、新しい感覚で、家とのつながりも薄く感じます。(私だけかな?)
広い大自然とはうらはらに、どうしてなのか?と思ったり、ある意味自由で一歩進んでいる感じなのかもしれませんが、結婚、離婚を軽く考えがちなのかな?なんて思っていた時期もありました。

専門家ではないので、これ以上、詳しいことはよくは分かりませんが、しかし、これだけは分かります。離婚は、良くないと。

子供がいたらなおさらです。
一番傷つくのは子供ですもの。

私の両親は、離婚はしていませんが、それは、ラッキーなことだったのかもしれません。それほど、まわりには、離婚して、再婚して、などの事情をかかえていた家庭の友達も少なくなかったと記憶します。

結婚したときの理想の夢が、そのまま覚めないでず〜〜〜〜っと維持できたのなら、これほどありがたいことはないですよね〜。
そんなことはありえませんが、お互いその夢をつかもう、愛を育てようという努力は少なくともできると思います。

本当の愛、真実の愛は、だまっていては、つかめないのだと感じます。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:夫婦 結婚式
posted by はっぴー at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。