2009年10月23日

豊かさの時代の子供の反乱

今や、生活水準の点で、日本ほど子供たちが恵まれている国は、世界にはあまりないでしょう。食べる物も、着る者も不自由がありません。でも「あなたは幸せか」と聞いたら、幸せだという答えは日本の中高生は、外国に比べてはるかに少ないのです。そしてやたらと親に反発するのです。皮肉なことです。それから「結婚したいと思わない」というのが非常に多いのには驚きます。

無理に結婚しなくてもいいというのです。かといって性的な関係を持たないということではないのです。遊ぶのは遊ぶのです。人生をエンジョイしたい。でも何かとややこしい束縛されるような結婚には魅力を感じないというのです。つまり、結婚に希望を感じていない。

これはわれわれ親にも責任があるでしょう。もし、親が仲のいい夫婦だったら、「自分も結婚したい、幸せそうだから」と考えます。しかし、親がいつも喧嘩していたら、子供も結婚に希望がなくなるし、不信感を持って、したいと思わなくなるのです。
「うまくいく夫婦仲の法則」P40〜P43


marriage / kumon

私の両親は特別仲が悪かったわけでもありませんし、私自身も、結婚したくなかったわけでもありませんでしたが、漠然と、このままで結婚してしまっていいのだろうか?とは、思っていました。

テレビのドラマや映画をみても、誰かが好きになって、この子とこの子がくっついたり、離れたりして、それがあたりまえのように登場し、そして、自分自身においても、ず〜と誰か一人を好きでいるわけでもない。人の心は、いつしか変わってしまうものなのだと、感じていたりもしていました。

なので、結婚は、ずーっと同じ人を愛し続けるわけで、そのようなことを、自分ができるのであろうかと、自分に自信もなかったのもありますし、ましてや、相手がずーっと自分を愛してくれるという保障も魅力も何もないと感じていました。

でも、もしも本当に、永遠の愛と言うものがあるのであれば、そのような愛に出会いたいですし、自分自身も、そのように、永遠に一人の人を愛し続けることができたらと、願う思いもありました。

ですから、若い頃、いざ「結婚」なんて、自分には、とても遠い話のように感じていたのを思い出します。

純潔を守り、ただ一人の人を愛し続けるということを、重要に位置づけている統一教会に出会ったからこそ、今私は、結婚できて、子供もあたえられていると感じます。出会えてよかったです^^
実は、統一教会に来た動機の一つです。

統一教会に出会っていなかったら、それなりに結婚はしていたかもしれませんが、すぐに離婚していたか、家庭内別居なんてことをしていたんじゃないかと思います。

主人とも、いろいろありますが、お互い良い親に、仲のよい夫婦になろうと意識して、お互い努力しあえるような、同じ価値観をもって結婚していますから、いつでも、結婚したときの動機に立ち返って、また、一からスタートできます。
本当に感謝です^^

純潔を守ること、夫婦、家族が永遠に愛し合うこと、少なくとも、不倫はいけないこと、絶対にしないぞ!とお互い思っていますから、そういう風にちゃんと思っていてくれる男性の方とめぐり会えたことは、私は、本当に幸せなことだと思っています。

発展途上の私ですけれど、主人も、子供たちも、大きな心で迎えてくれて、受け止めてくれて、成長しあえるよい仲だと、私はそう感じています。
これからも、もっともっと仲の良い夫婦、親子、家族となっていきたいと思いました!!!!!!!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:子供 幸せ 結婚
posted by はっぴー at 00:53| Comment(6) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

孤独が誘う「出会い系サイト」の危険さ

今、「出会い系サイト」といって、携帯電話で簡単に「援助交際」の相手を選ぶことができます。大人の男性ばかりではありません。最近は一般の主婦たちまで巻き込まれています。

インターネットで簡単に出会った相手と、つかの間の愛を楽しめる、そういうことが多いのです。そこには主婦も多いのです。

このような風潮に子供たちが影響を受けています。

両親の不仲、父親の暴力などの家庭問題が背景にありました。
関係機関の調査によれば、「援助交際」は今や小学5年生の年代にまで及んでいます。

前出の藤原氏は、「男と女が結婚して一緒に生活していれば自然に家族になれると思っているカップルは、将来間違いなく破綻する」とあえて言い切っています。しかし、あながちそれは極論でもないのです。今は本当に環境的に難しい時代なので、夫婦の絆、親子の絆、兄弟の絆を築くためには、はっきりと意識して、努力して、「夫であろう」「妻であろう」とし、「父親になろう」「母親になろう」とする、そういう努力をしないと家族にはなれない時代である、ということを分かっていないと大変なことになるのです。
「うまくいく夫婦仲の法則」P37〜P39


Cat + Mouse / Denis Defreyne

結婚すれば、家族になる。
何も考えずに、そう思ってきましたが、よ〜〜〜〜〜く考えてみれば、人は、なりたいと思った通りになる。そう聞いたことないですか?
そうすると、意識して、良い親になる。なんて思うことは、大切なことだと思います。
何も考えていないと、それなりになってしまうのだと思います。
まだ、それなりなら、いいほうだと言う話ですよね?

そして、誰も、初めから父親や、母親になっている人はいません。
だんだんと親になっていくものです。
家族が、毎日、お互いに意識しあって、「なろう」とすることは、とても良いことだと思います^^

家庭の中の平和も、世界の平和も、言ってみれば、誰かにしてもらうのではなく、自らの手で、創り上げていくものなのだな〜と思いました。

それにしても、援助交際なんて、本当にいやですwww
自分もそうですが、子供がそうなるなんて、考えてみてもゾッとします。
便利な世の中の分、より、家族の絆を強いものにしておかないと、大変なことになると感じます。
今は、本当に誘惑が多いです。
皆が良い心でいるのならば、こんな心配はいらないのですが・・・。
まだまだそうなっていないからこそ、今、純潔、貞操を守る強い心が大切なのだとあらためて思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:サイト 結婚
posted by はっぴー at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

家族にとっての「ふるさと」

また、家庭は家族一人一人にとって一番帰りたいと思うところでなければなりません。もし今、自分の家族の仲で誰か一人でも、家に帰りたくないと思う人がいたとしたら、それはちょっと考えなければなりません。家庭の中に何か問題があるのです。そういう意味で、家庭というのは家族にとっては「心のふるさと」だと言うことができます。

では、「ふるさと」というのはどんなところかというと、自分の生まれたところ、育ったところですが、何よりも自分を愛してくれる父母のいるところが「ふるさと」だと言うことができます。そういう意味で、家庭というのは、「家族にとって故郷」である。

夫にとっては妻が待っているところ。
妻にとっては夫が帰ってくるところ。
子供にとってはお父さんお母さんが待っていてくれるところ。
そういうところが理想的な家庭になると思います。
「うまくいく夫婦仲の法則」P36


Soldier's goodbye & Bobbie the cat, ca. 1939-ca. 1945 / by Sam Hood / State Library of New South Wales collection

”自分を愛してくれる父母のいるところが「ふるさと」”
そのとおりだと思いました。

私の生まれは、北海道の旭川です。
すごく夏は暑く、冬は寒いところです。
雪はねなど、めんどくさい面もありますが、毎年、帰りたいなと、思います。
親の顔を見たいし、元気な顔をみせたいと思います。

やはり、自分のことを愛してくれている場所だからなのですね^^

我が家も、子供はもちろん、主人も帰って来たいと思ってもらえるような、そんな家にしたいと思いました。
自分自身も帰って来たいと思える家。
それが、理想的ですよね^^

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:理想的 ふるさと
posted by はっぴー at 00:25| Comment(6) | TrackBack(0) | うまくいく夫婦仲の法則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。