2009年09月19日

子供たちへの二つの徳目12

私たちが無能で、何の選択能力もないと感じるときは、葛藤し、無能にする原因を、外的な環境のせいにし、子供を非難するようになるでしょう。しかし、無数の種類の選択と、選択できる自由が私たちの中にあることを悟る瞬間、私たちが革新的で創意的になれる内的な能力を知らずにいたという事実を目の当たりにします。人生のすべての経験の中には、必ず選択とチャンスというものがあるものです。
「天和堂」P160


Elegant Water Lily in Sepia / vladeb

子育ては、楽しく、うれしいものですが、体力的にも、精神的にもとても辛く感じてしまう時もあります。
人間関係も、基本的には、楽しく、高めあえる関係なのではないかと感じますが、そればかりではないこともたくさんあります。

神経がすりへり、もうダメwwなんて思うこともありますが、家庭は、ホッとできる場所となれるように、勤めたいと考えています。
子供だけではなく、家族全員が。

時には息抜きをして、心に余裕があれば、もっとやさしくなれ、もっと気をつかえるのではないかと考えてしまう時もあります。

一番しわよせがきてしまうのは、弱い立場の子供たちなのではないかと思います。

子供にとっては、両親がすべて。
しかし、自分がされてきたようにしか愛せない世界もあります。
私の中の愛情という引き出しが、たくさんあればあるほど、夫も、子供も、もっともっと幸せを感じてもらえるのでは?と、真剣に考えることもあります。

私の足りない分は、神様からたくさん愛して欲しいと願う今日この頃です^^;
がんばらなくっちゃねo(^^)o

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。