2009年09月06日

黄色のくまさん^^

PA0_0364.JPG

↑本当は、しまじろうを作ろうと思っていたのですが、
なかなか似ないのでくまさんで妥協してしまいました^^:
娘は、「しまじろうみたい!」なんて言ってくれて、
このまましまを入れればよかったかな?なんて思ったりして。
くまさんの上にいるのは、赤ちゃん。
かわいいでしょ^^
うちの子、ケチャップもだめソースもだめだから、ケチャップで口とかホッペなんて芸はだめで、のりオンリーしか使えず、いろいろ試行錯誤してます。

結局残して残りご飯はパパのおなかの中に^^
最初は量や大きさがつかめず出来上がるのが時間がかかりましたが、
最近は結構なれてきたかも^^
少し板についてきたかな?

そのうち礼拝後、みんなで公園に行く予定^^
日差しはあいかわらず強いけれど、風が涼しくなってきて、絶好のピクニック日和ですよね最近♪
たのしみです^^
posted by はっぴー at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | お弁当^^ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦一緒の修練 7瞑想と沈黙2

個人的な心身統一訓練の時と同じように、夫婦での場合においても、私たちの弱さを認め、それらを克服できなければなりません。私たちがしたあることが、配偶者に不平と葛藤を与えているのならば、それは、私たちの弱さを悟るように手伝ってくれているのです。もちろん、相手の欠点ばかりを探し出すことに執着することでは、望ましい関係を形成することはできません。ですから、修練をするたびに、「三つの称賛」する点と「三つの不満」を分け、大きな変化を誘導するとき、非現実的になることを防ぐことができます。
「天和堂」P150


Sydän (Heart) / mwri

”他人のふりみて我がふり直せ”なんて言葉がありますが、配偶者の反応見て我がふり直せですね^^
自分の足りない部分を、弱い部分を、配偶者を通して気づくことができる。そのように考えて、ただ、なんで?なんて思わずに、謙虚に受け止めれるようになりたいと思いました。

不満はよく見えます。自分が気分がよいかどうかですから。
でも、相手のよいところを見るということは、相手をちゃんと見ていないと気づくことはできません。
夫婦なんだからなんて、当たり前と思ってみても、実際は、不満なところばかり目について、良い部分は意外と見逃していることってないでしょうか?

夫婦関係に限らず、人間関係はこのことを中心に人を見ていくと、まんざらでもないと思えてくると思います。
もともと人間が大好き!と思えている方は、良い部分をちゃんと見ることのできる方なのだと思います。

もしも、自分にあまり自身がもてずにいる方なら、配偶者によって自分の良い部分を再発見できるのではないでしょうか?
考え方が違うからこそ、気づける部分というものもあります。
夫婦が一体となった分だけ、心の枠がそれだけ広くなるといくことなのだと感じました。

私の主人は頭がいいし、たくさん言葉も知っています。
私はそれなりですが、主人には無い部分を私がもっており、私が無い部分を主人が持っていると思って、お互い助け合えたらとてもよいなと思います^^

考え方が違うと衝突も多いですけど、
考え方が違うからこそ、世界が広がります。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。