2009年09月23日

C神とは

創造原理 6.gif

●本性相と本形状の二性性相の中和的主体であると同時に
●本性相的男性と本形状的女性との二性性相の中和的主体
●被造世界に対しては、性相的な男性格主体

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

神様は、このように表現できます。
簡単に言いますと、全ての基となっている神様は、男性の部分、女性の部分を両方お持ちで、この物質世界、宇宙では、男性として表現されるということだと思います。

神様をイメージするとき、おじいちゃんのような白髭をはやした男性の感じを想像したりしませんか?
父なる神と表現したりもすると思います。

人間においても、男性ホルモン、女性ホルモン、両方あり、やはり、そのような感じで、神様においても、両方の部分をお持ちだと思います。
神様の中にないものは、この被造世界においても、現れないと思います。神様の中にあるからこそ、この世界は、男性、女性、オス、メス、などあり、二つが交わるとき、子孫を残すことのできる、正に、神様における創造と同じことができるのだと思います。

神様は、お一人ですが、あえて、この被造世界では男性と女性と分けられたのは、一人でいるより、二人のほうが愛が深まるからではないでしょうか?
たとえ、自分の中に愛情がたくさんあふれていたとしても、その愛をそそぐ対象がいなければ、何もおこらないと思います。

人類が、世界が、愛でいっぱいになるように、この宇宙を創造された神様がいらっしゃるのだと感じます。
posted by はっぴー at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供たちへの二つの徳目16

どれほど多くの人たちが、自分の中に内在している潜在性を信じていないか、また、自分の不運を人のせいだとばかり考え、そのことによって、どれほど裏返しの生活をしているのでしょうか。

私たち夫婦が子供たちに教えていたことは、ただ幼い時期だけでなく、全人生を通して実践すべきとても重要な徳目でした。その徳目は、ほかの様々な状況に適用されるとき、さらには、子供たちが自らに、または友達に簡単に反復して用いるたびに、より一層力を発揮します。友達がほかの人たちを非難するとき、私たちの子供たちは言います。「許して忘れ、前進しろ」と。
「天和堂」P162


This morning we caught a rainbow... / lepiaf.geo

自分の物事のとらえ方、見方によって、同じ現実の中にいながら、違った環境にいるかのように思えてくることがあります。

自分が変われば、回りが、環境が変わるのです。
実際は変わったように思えるのです。

同じような境遇の人が全く同じような人生を送るかと言いますと、答えはNOです。
人のせいばかりして、自分がよく見えていない人は、もったいないという話です。

この間、テレビで「エチカの鏡」という番組を見たのですが、そこで、とてもすばらしい女性の話がありました。
今まで、ずっと報道に携わってきた方なのですが、30歳を期に、医者へと転身した方なのですが、ご覧になった方もいるかもしれません^^

決して環境のせいにしないで、自分のなりたいものへとどんどん突き進んでいき、どうしたら、そうなれるのか考えるのです。とおっしゃっていました。

考えてみれば、自分はどうなのか・・・・。なんて思って見ていたのですが、身近なところで、子供が小さいから働けないから、保育所も入れないから・・・・。だとか、環境、人のせいにしていた自分だったなぁ〜と悔い改めさせられました。

今の環境の中で、いかにしたら、自分のやりたいことができるのか、考えることは、大切だと思いました。

自分のやりたいこと、いかにしたらできるのか考えることも、楽しいひと時の一部なのかなと思います。

今、自由がきかない分、いろんなしたいことたくさんあります^^
あきらめなければ、かならずできると信じて、少し、楽しんでみようかなと思いました!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:徳目
posted by はっぴー at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

子供たちへの二つの徳目15

私は、彼女に娘との関係の中で、本当に願う事は何か」とたずねました。数分の沈黙が流れたのち、彼女は、「心の平和を得ることだ」と答えました。私は、それならば、それは自分だけのためではなく、その娘もまた心の平和を得ることができるように積極的に環境をつくっていかなければならないと強調しました。

私は、彼女が生きていることを、そして二人とも健康であることを、二人とも無限に創造的で革新的で自由であり、一緒に力を合わせるとき、お互いに心の平和をつくりあげ、できないことはないということを想起させながら、「二人が一緒に過ごせる時間をつくってみなさい」と言いました。彼女は「努力してみる」と言いました。私は、努力だけするのではなく、より積極的につくってみることを勧めました。「結実した関係とは、ただ努力することで終わるのではなく、双方が願う関係を創造し、つくっていく過程なのです。あなたには、相手の無限の自由と創造性と天才性を悟る力があり、あなただけがそれをやり遂げることができます」と言いました。
「天和堂」P162


Yule Glitter / Paul Davidson

相手との関係において、共に願う関係を作るにおいて、共に建設していく過程が大事なのだと思いました。

けっしてできないことはないのです。
そして、いつでもやり直せると私は信じたいです。
親子なのだから、血のつながる最も近い関係だからです。

家庭の中に、心の中に平和がなくして、世界平和はありえません。
私も、娘の立場から、母親の立場になります。
娘と息子、二人を見る心の目でしっかりと見ていきたいと思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:平和 結実
posted by はっぴー at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。