2009年08月12日

心身統一の理由(一)

精神修養とは、自己中心的方法で自分にだけ心地よい感覚をもつことではありません。真実な心情と率直さで、ほかの人に向けた憎しみや不安、神様との関係不足、内的な弱さなど、私たちがもっている”疾病”と直接向き合うことです。病気を判断できる医者にならなければなりません(診断)。専門家にならなければなりません。問題の原因が何かを知らなければならず(病因論)、病気を確認し(疾病の回復に対する見通し)、治療を継続しなければなりません(治療法)。

私たちは、病気を認めるとき、逆説的ですが、より大きな自由、弱さを見て治す、自由を得るのです。その内的な自由を大切に育ててこそ、真実に深く感謝して人生に対せるようになるのです。
再び強調しますが、私たちは強く成長しなければなりません。熟練した専門家にならなければなりません。

これが、私が真のお父様のみ言を聞いて喜ぶ理由です。お父様は、率直でいらっしゃり、はっきりしていらっしゃり、鋭い洞察力で衝撃を与えてくださいます。お父様はメシヤとして期待されるみ言と、認識をひっくり返す衝撃を下さるのです。お父様は、高位の人士や聖職者の前でも声を張り上げられ、全く恥ずかしい素振りもなく絶対「性」に関して語られます。また深い洞察力で私たちの心を見抜き、私たちがもつ利己的な姿に一撃を加えられ、さらには、平和のためならば、たとえ裸でも恥ずかしく思わずに道を走ることができなければならないというようなみ言も、当たり前のように語られます。

私は、ほかの宗教の訓練方法と比較することもプラスになると思い、一つ逸話を紹介しようと思います。おそらく、真のお父様は、神仏教の導師のような立場で、とんでもないようなみ言を語られたのでしょう。その神仏教導師は、弟子たちを目覚めさせるために、判断するのも難しい「仏に会ったら、仏を殺しなさい」と語ったのです。それは、私たちがもつ幻想から目覚め、神聖で純粋な本性から自らを分離させる感情的、肉体的、霊的なすべての障壁と障害要素を取り除きなさい、という意味深長な言葉でした。

勇気をもって私たちがもつ問題点を直視しなければならないことを、再び強調します。深い同情心と率直さと真実をもって見つめなければなりません。真理の服を着なければなりません。

「天和堂」P79〜P81


Planet Dandelion / Manky Maxblack

”お父様は、高位の人士や聖職者の前でも絶対「性」に関して語られます。また深い洞察力で私たちの心を見抜き、私たちがもつ利己的な姿に一撃を加えられます”

絶対「性」をこれだけはっきりと語られるのは、お父様、文先生だけだと思います。
この「性」に関しては、言葉を濁し、ふれないようにしてきたのではないかと思います。

統一教会は、胸をはって、「純潔」を大きな声で叫ぶことが出来ます。
この部分で、全く一つのシミもないところは、統一教会だけだと思います。
ですから、私は、統一教会は、本物だと思います。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。