2009年08月10日

総序 1 人生の目的

総序 1.gif

●人間は、何人といえども、不幸を退けて幸福を追い求め、それを得ようともがいている。
●その幸福は自己の欲望が満たされるとき感ずるのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

不幸になりたがっている人は誰もいません。
幸福になりたい。誰もが願うことだと思います。
しかし、実際は、どのよに努力したらよいのかわからなかったり、何をもってして、幸福と呼ぶのか、人それぞれです。
それでも、自分が求めている幸福が実現して、心が満たされたとき、幸せを感じるものです。


タグ:原理講論
posted by はっぴー at 16:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原理講論

これから、時々、統一教会の、主軸となる、原理講論を紹介していきたいと思います。

3色刷り原理講論の、赤い部分の抜粋です。
最も核心的内容となっています。

かってながら、私の感想も、少しそえていこうと思います。

原理講論
↓↓↓
12062.gif
お求めは→光言社
タグ:原理講論
posted by はっぴー at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

統一主義と分離主義(2)

私たちが自分と他人を別個の存在と見る分離主義な行為をしなかったと仮定してみましょう!実際に、ほかの人の中に私たち自身を見たと考えて見ましょう!すべてのものをただ一つ、あるいは、(二つに見えるのではなく)一つであると同時に二つ、すなわち一緒と見るのです。自分の独特さを認めると同時に、人間としての類似性を理解し、私たち全員が一つだということを知らなければなりません。もしそのように考えることができれば、ほかの人たちを尊重できるようになり、私たちと同じ固体として当然受けるべき尊厳性を、彼らに見出すようになるのです。

もし、私たち全員が相互に連結されていて、お互いの運命の一部だという事実を理解することができれば、すなわち私たち全員が神様の子供として、一つの家族として和合すべきだということを理解できれば、成功した人に心からの祝福を送ることが出来るのです。

自分と彼らを根本的に分離する分離主義ではないので、私たちが彼らとライバル、または競争関係になることはありません。彼らの中に私たち自身を見ることができるので、彼らの幸福を通して、私たちも幸福を感じ、彼らの成功を通して喜びを味わえるのです。自分の子供の成功を見て、私たちは喜びを感じるでしょう。

そのようになれば、世の中は、これ以上私たちに対抗せず、私たちの足首をつかまず、かえって私たちのために、私たちと共に働くようになるのです。私たちは、ほかの人が良い職業をもったり、良い点数をもらって大会で一等になったりすることなどを見て、喜びを感じるようになります。彼らと共に、彼らを通して私たちは幸福を感じることができます。すべての人間が、苦労の代わりに永遠の幸福を求めようとする(統一原理の出発点でもある)共通の人間性から私たち自身を分離さえしなければ、私たちは、彼らが感じる喜びを経験するようになり、心の中からわき出る親密さと真実の心で彼らと共に喜ぶことができるのです。

私自身が幸福 −一時的で、簡単に消えてしまう快楽ではなく、永続的な幸福と喜びー を求めているということを、そして他の個々人の存在も、さらには神様までも共に分かち合える幸福を求めていることを知るのです。私たちは、人種や国籍、または外貌などに関係なく、お互いがお互いに似ていることを目撃するのです。

「天和堂」P71〜P73


My GORGEOUS Bouquet / Corey Ann


幼い頃、世の中に、うそ、いつわりはないと、思っていました。
親との間での小さな世界でのことですから、あたりまえでもありますが。
しかし、大きくなるにしたがって、世の中に出て行くにしたがって、正直すぎると、バカをみるとか、もっと、要領よくしなければ、損をしてしまう。人は、正しい事をする人ばかりではない。なんて思いを確実に植えつけていきます。

堕落がなければ、この世の中が、これだけ安心できる、信頼できる世の中に、人々の心の中も同じようになっていくのならば、幼い頃の心情のまま、生きていけれる、贅沢な世の中が広がっていたのかもしれません。

今は、そんな世の中を造る作業、取り戻す作業を、みんなで力をあわせて実現していかなければなりません。

本当に実現できるように、まずは、自分から、そのような人間になっていけれるよう、頑張って生きたいと思います。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。