2009年08月27日

「思いの列車」に命名する

とても現実的で実際的な利得を与えるこの偉大な洞察力を、配偶者と和合することに適用できるのです。挫折を感じたり、怒りが出てきたりしたときは、すぐに「思いの列車」に命名のノウハウを適用し、それらを細かく砕き、過ぎ去るのを待ちます。そうしたのち、再び呼吸に戻り、深くて穏やかな息をすることによって、汚染され挫折していた空気を送り出すのです。この過程を反復すれば、最後には平静の状態に至り、静寂を味わうようになります。もし、再び想念の列車が来たとしても、こうした過程を反復すればよいのです。

これは、配偶者を尊敬するだけでなく、自らを尊重する修練でもあります。私たちは、憎しみ、怒りを暴力的に処理する部類の人たちより、はるかに優れた人たちではないですか。分裂よりは和合を、憎しみよりは平和を渇望する統一教会員として、私たちは、必ず心と体を統一させなければなりません。

配偶者との関係に適応しているこの修練は、例えば、子供や兄弟との関係でも適用されます。既に見てきたように、一度自分の心身統一訓練の”筋肉”をつくって育てておけば、ほかのどの関係の中の障害物もすべて克服できるようになります。もし友人をねたむ心が生じたなら、「ねたむ心」という名札を付け、その列車がそのまま通り過ぎるようにする洞察力がもてるでしょう。ねたみ嫌う心をもって思いの列車に乗った人は、もっと遠くに行って、”嫉妬の地”にたどり着き、そこでまたほかの列車に乗って”裁きの地”に行くようになり、続けて”憎しみの地”に向かう列車に乗り換えるようになるのです。これは恐ろしい例えにになりますが、不幸にも、今私たちが暮らしす世の中でいくらでも起きていることです。

古代の文献の中でも、このような主題を見ることができるのですが、最も明確な例は、聖書のカインとアベルやヨセフと兄弟たちの話であり、あまり知られていない例としては、ダビデ王の嫉妬心に満ちた欲望などがあります。仏教でも、嫉妬に関する話が「ディーガ・ニカーヤ」の「沙門果経」に載っています。釈迦の親戚の提婆達多は、教団の首長である釈迦の地位を占領したいと思う嫉妬心から釈迦を殺そうとします。このように、歴史的に宗教でも、ねたみと嫉妬、貪欲などにはまり込む人間の姿を扱わなければなりませんでした。
「天和堂」P131〜P133


Mixed Roses Spring / Kaz Andrew

聖書でのアベルとカインも、ヨセフの兄弟も、ダビデ王も、そして、宗教家であっても、避けることのできなかった思いが、今の私たちにも、同じように繰り返し巡ってきます。

それは、大事な夫婦間も、兄弟間であっても同じです。

時間が経てば、いずれ過ぎ去っていく感情ですが、過ぎ去ることができなければ、ずっと根に持ったり、暴力という形にはしってしまったり、血気怒気は特に良くないものと思います。

ねたみ、嫉妬して、最初に霊界に行ったのは、アベルでした。
人類始祖から、できなかったことをしようとするのですから、それは、とても難しいことと感じます。
しかし、訓練法を知った今、そして、神様を知り、文先生のみ言を学んだ今、方向性が分かる分、心強いと感じます。

もっともっと、夫婦間にいかせたとしたら、離婚もない、不倫もなくなり、なげく子供も、いがみあう家族もいなくなり、家庭の中に、本当の平和ができると共に、世界中も平和につつまれていくようになるのだと思いました。

そんな世の中になると良いですよね!!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:洞察力 配偶者
posted by はっぴー at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

総序 7

総序 7.gif

●神は既にこの地上に、人生と宇宙の根本問題を解決されるために、一人のお方を遣わし給うたのであるが、そのお方こそ、すなわち、文鮮明先生である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆

この原理に、文鮮明先生に、神様に出会わなかったとしたら、
今の自分はいなかったと覆います。
私は命の恩人だと思っています。

写真は、個人的に好きな写真をのせました。
我が家にもかざってあります^^
明るくて、とても好きです。


ラベル:文鮮明先生
posted by はっぴー at 16:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 原理講論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦間の和合ー自分の変化がほかの変化を誘導

私たちは今、心と体を支配するノウハウを習ったので、この修練で得た識見と徳目を日常生活全般に適用できなければなりません。心身統一で経験的に学んだ最も中心的な要素は、正に私自身が”内的な平和と統一”をつくることに責任があるという事実です。お互いに敵対視する心と体という小宇宙に、永遠の平和を成し遂げるために、絶えず努力すればするほど、私たちは基盤を築くようになり、日常生活に役立つ規律として、忍耐と持久力などを得るようになります。

私たちが連結し合っている関係を整理してみましょう。配偶者がいて、家族がいて、子供、友人、職場の同僚などがいます。このすべての関係の中で、最も根本的なものは何でしょうか。それは正に私たち自身です。

ところで、私たちは、大抵他の人たちを変化させようと努力します。相手を非難しながら、彼らの変化こそ関係を発展させるために必要なものだと考えています。

しかし、このような考えは、あまりにもたくさんの葛藤と挫折をもたらすだけなのです。相手は、変わらないだけでなく、人間関係に問題があるたびに、ほかの人を非難する思いにはまります。問題があるたびに、他人の失敗と欠点のせいにするようになり、問題解決のための自分の役割には、次第に注意を払わなくなります。これを食い止めるのが正に、私たちが広範囲に心身統一をする理由です。この訓練を通して、これまでもっていた自分の幻想と姿を、自己分析という剣で完全に切ってしまうのです。作られたすべてのものと言い訳の材料を、切ってしまわなければなりません。私たちは、自らを防御するための手段として、相手を非難しているということをよく知っています。

関係を変化させるための第一の関門、私たちが変化させ得るものは、ただ”私自身と自分の態度だけ”と理解することです。他の人を変えようと強要することはできません。彼らもやはり自由意志をもつ真の実体だからです。

相手に変化を強要するのは、誘導するよりは、相手をもっと強くさせ、一人は攻撃し、もう一人は防御する、そのような絶え間ない戦争の中に私たちを閉じ込めてしまいます。

全ての関係の中で、配偶者との関係は、最も密接で親密な関係であり、また、そのために小さくて些細な葛藤と意見の違いが大きな不満と苦痛につながることもあります。配偶者との親密性は、強力な愛として現れることもありますが、時には激しい不満を生産することもあります。したがって、現在お互いにどのような思い(肯定的、中立的、あるいは否定的な)をもっているかにかかわらず、すべての関係は、変化し消化され得ると理解することが重要です。

私たちに混乱と苦痛を与える散漫さと向き合い、それを心の中で名前をつけてゆき、可能な限り、消化し得るごく小さな部分に分け、分散する過程をを反復してみれば、その状態を追い出してしまうだけでなく、その状態の本質 −それらは、究極的に怒りや憎しみなど、扱いにくい巨大な怪物ではなく、さまざまに多様な心の状態が混ざったものであり、次第に過ぎていってしまうものー を把握できる洞察力を得ることができます。
「天和堂」P127〜P130


Lucky Love / S. Parker

”肯定的、中立的、あるいは否定的”
うちはどれだろう?????
少なくとも、今のままで良いというような状態ではないかも・・・。
お互い努力が必要です。

相手のことは、自分以外のことは本当に、よく分かります。
一番分からなければならない当の本人にとって、自分のことは分かりにくくなっています。
ですから、上記にも書いてあるように、やはり、自分をよく見つめて、自分自身や態度を改めることが、どれほどすごいことかと感じます。

自分が変われば相手の見方もおのずと変わります。
相対する基準が変わっていきます。
結構、ケンカの内容って、しょうもなかったりしませんか?

配偶者は、この先、ず〜〜〜〜っと一緒にいます。
ならば、早く仲良しになったもん勝ち^^
ですよね^^
そう思いません?

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。