2009年08月29日

幸福につながる相手の立場で考える修練2

統一教会において、祝福結婚は、最も神聖な儀式であり、契約です。私たちはみな、この制度を尊重し、そのためによく準備しなければなりません。ですから、夫婦間の和合を準備する前に、まず個人的な心と体の統一に取り組むのです。ここで必ず記憶すべきことは、この段階は、私たちが考えるように、各々が分離されているのではなく、お互いに密接に関係しているという事実です。

真のお父様は、統一を成し遂げなければならない段階として、完成の八段階を語られます。個人と家庭、氏族、社会、国家、世界、そして神様に至る八段階であり、このすべての段階は連結されており、個人が家庭をなし、家庭が集まって氏族などを形成します。ここで最も基本となる単位は個人です。

個人は、それ自身、またはほかの誰かと関係を結んで生きています。ここで”誰か”とは、家族構成員または神様とも言うことができ、人は常にほかの人との関係性のなかにいます。人は、個人的な次元では自分の中に内在する分離した心と体があり、それらを一つにすることを渇望します。また一方で、個人がもつ関係性は、世界や宇宙のように規模が大きいものから、家族や氏族のように親密なものなど、多様です。

したがって、夫婦の段階では、私たちはほかの人とお互いに連結されているということを理解しなければなりません。私たちは、理想的に配偶者を褒め称え、完全にしてあげなければなりません。そのために第一の段階は、夫婦が”私”と”あなた”ではなく、”私たち”という同伴者であると理解することです。
「天和堂」P136〜P138


Waiting Roses / Kent Ng.

統一教会の祝福結婚が一番の理想ですが、しかし、そうでなかったとしても、結婚ということは、とても神聖で、永遠の愛を誓うものではないでしょうか。

信仰を持っていても、もっていなくても、配偶者であるお互いのことを思いあい、励ましあい、高めあう。
そんな存在は、とても貴重で、素晴らしい関係だと思います。

心身を統一するということは、結婚をする、しないにせよ、人間として生きて行く上でかかせないものだとも思います。

万民に共通して必要で、そうなっていくべきものなのだと感じます。

すべての人々が幸せと感じるとき、初めて真の幸せ、平和が来るのだと思いました。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

Honesty

心を潤すうた^^
今回は、ビリージョエルの「Honesty」です^^
↓↓↓


誰にでも、自分としては誠実でいたいと思います。
特に、主人、子供の前では。

誠実さを求めるけれども、そう滅多にない。
だからこそ、今、誠実さ、精誠さ、謙遜さが、必要なのだとあらためて感じました。
posted by はっぴー at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心を潤すうた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸福につながる相手の立場で考える修練1

皆さんが知っているように、平和とは、単純に暴力がない状態を示すのではありません。しかし、暴力のない状態が、重要な第一段階であることは明白です。心身統一の筋肉がよく発達すれば、人間関係の問題点ばかりを扱うのではなく、楽しい時間を反芻するところにもそれを適用することができます。

例えば、今配偶者とあまりにも幸福な時間を送っていて、まるで天国にいるように感じているとしましょう。既に訓練を通じて、すべての否定的な精神的状態は希薄になり、ほかの時間に移っていくことをよく知っている私たちは、今のような喜びを経験するようにしてくださる神様と配偶者に、より深い感謝と、より細やかな注意を払うようになります。したがって、喜びの時間を迎えるときは、それをそのまま過ぎていくようにするよりは、より大切に思い、豊かに満喫するようになり、その幸福感が過ぎていったとしても、既にそれを所有したので、それを自然に送り出せます。

配偶者と一緒に過ごしているとき、私たちは、息を吸い込むことと吐き出すことを認知して、呼吸をするたびに感謝ができます。息を吸って吐く瞬間ごとに、配偶者が私の隣にいることを、たとえ相手がそれを知らなくても、神様に感謝を捧げられます。また、このようにすることによって、配偶者が既に昇華していたり、病気で一緒に喜びや慰労を感じられない人たちに対して、深く考えることができるのです。このように、相手の立場で感じ、考える修練は、私たち自身の幸福に連結します。配偶者と共によろこぼを感じるたびに、そのような喜びを私よりも味わうことができない立場にいるほかの人たちを考える刺激剤と考え、人のための”同情の倉庫”を満たしていきましょう。
「天和堂」P134〜P135


Rise and Shine / Kimberly*

息をするたびに神様と配偶者に感謝の思いが出てくる。
なんて素晴らしいのでしょう。
生きているだけで、配偶者が隣にいるだけで、もう、幸せなのでしょう。
そんな感覚、感じてみたいですし、もしも、実現するならば、本当の、永遠の愛というものが、実際にあるのだと本気で思えるのだと感じました。

誰もが、永遠の愛を誓いながら、離婚や不倫が耐えない、今の現状をみる時、この訓練をすること、統一原理を学ぶことに対して、信じる心と希望が生まれていくと感じました。

私には、何の条件もないのに、全人類を見るならば、先駆けて祝福を頂いています。
もっともっと、感謝と努力をして、神様の前に誇れる自分となっていきたいと思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
ラベル:平和 神様 配偶者
posted by はっぴー at 00:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。