2009年07月25日

「天和堂」

26901.gif 
天和堂 ー心身統一と家庭和合の修練ー
を読んでいきたいと思います。



   「天和堂」文亨進著 光言社



「はじめに」

その日、真のお父様が下さった揮毫の中心は、”天和堂”です。
真のお父様は、「天」を説明されながら、「二」と「人」が合わさった文字だと語られました。

そして、その「二人」とは夫と妻であり、それぞれが心と体を統一して一つになることができれば、正にそれが天国の姿であると語られました。そして、これが調和のための基盤となり、このような調和が成されれば、その夫婦は、「天国の和合を成した家庭(天和堂)」であるということでした。

これは、とても大きな意味をもっています。
私たちが心と体を統一したのち、自分の配偶者と一つになれば、私たち自身が天国の現実であると同時に、源泉になることができるということです。

配偶者と一体となった関係の中から、家庭を和合させる”糧”が出てくるのであり、家庭の和合から、社会、国家、世界の和合が始まります。

その日、真のお父様が直接記してくださったこの意義深い三文字、”天和堂”の教えが、私自身の生活に刺激となったのはもちろんのこと、今皆さんが読んでいるこの本ができる直接的な動機にもなっているのです。

「天和堂」P4

天国は二人で入っていく国。
夫と妻が二人で一人。一体化した姿で、天国に入っていくのですね。

私たち夫婦も、文先生から祝福を頂いて、家庭をもちました。
しかしながら、文先生の教えのように夫婦が一体化し、神様の愛の真のモデル的な家庭なのかと言うと、まだまだそうなっていないことを痛感します。

今日からこの本を読んで、改めて文先生のみ言を確認し、実践していけれるよう、努力していきたいと思います。


★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------


posted by はっぴー at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 天和堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。