2009年07月15日

感謝すべきこと

私は、「呼吸する時と歩く時は、心を込めてやっている」とお父様に言いました。「絶えず感謝の気持ちを維持することが重要だと信じている」と言いました。さらに付け加えてこう言いました。「歩く時は、神様と一緒に歩こうとしています。つまり、例えば、自動車事故に遭って足がなくなったとすれば、きっと歩くことを恋い焦がれるようになるでしょう。歩くことができたその時に、感謝していなかったと、後悔さえするでしょう。歩けない人はたくさんいます。病気でうまく呼吸できない人もたくさんいます。呼吸できなくて生きられるでしょうか。呼吸ができなかったら死んでしまいます」

お父様は、心からほほえまれ、言葉をはさまれました。「心臓の鼓動もだね」と。
会話はその後しばらく続きましたが、お父様の昼食の時間になったことに気づきました。

「はげ頭と苺」P113

神様に感謝するという親子の会話。
自分の昼食も忘れて話されていたのだと感じました。

そうでなくても、忙しくされている方なのに。
とことん、神様中心の先生なのだと思いました。

私もそのような、神様について色々考えていて、自分の食事のことを忘れてしまうくらいになりたいと思いました。

すぐあれ食べたいコレ食べてたい・・・・肉体に主管されてしまっている自分です。(ーー;

私も、将来、うちの二人の子供と、こんな風に神様のことを語り合えたら、どんなに幸せかと思いました。
親が、どう、神様のことを証していったら良いのか、今から素行錯誤しています。
娘ももう三歳で、いろんなことを私に聞いてきます。

でも、一番良い方法は、きっと、自分が出会った神様を話すのが、一番の刺激になるのかな?と思うのです。
その親の話を聞いて、子ども自身も、神様と関係を持ちたいと思ってもらえたら、大成功だと思いませんか?

子供に話してやれるように、自分も神様との因縁を深く深く築いていきたいです!

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。