2009年07月09日

エゴ

今、自信に満ちていると思っていたのに、その場に誰かが歩いて入ってくると、とたんに恐れを感じ、自信も大してなくなってしまう。それで、直ちにその人に敵、あるいは競争相手、すなわち自分よりも優れているか劣っている誰か、というレッテルを貼る。このように、私たちは自分のエゴに対する神経症的な、ほぼ病的といってもいい強迫観念の中に生きています。万難を排しても守らなければならない私のエゴであり、保存されなければならないエゴだというのです!

もちろん、誰でも自分を正直に見てみれば、自分がしょっちゅうそういうことをやっていることが分かると思います。
私たちの自信や自尊心が、「エゴ」と呼ばれる、常に移り変わっているいろいろなものの混合体という不安定なものに由来するものであれば、「自信」とか「自尊心」とかいってみたところで、それがいかに薄っぺらなものであるかが分かるでしょう。
たったの一言でもって、私たちの防護線は、あるいは安心感、充実感、勝利感は脅かされるでしょう。ほんの少し心理状態が変わるだけで、あるいは精神状態が変わるだけで(しかもこれは必ず起きることですが)、自信の思いは壊され、圧倒的な疑いに取って代わられてしまうでしょう。

では、私たちが真の自信をもつことはできるのでしょうか。
真の自信というのは、私たちが”真の自己”、本心、そして神に連結した時においてのみ生まれてきます。別の簡単な言葉で言うと、それは私たちに生まれながら備わっている、温かく、慈悲深く、また愛と思いやりと同情心に満ちた心情の、その質を深めるということです。

私たちの内に自然に備わっている、他を愛し助けようとする性質が、心の安定性の源泉です。本心の愛したいという本性の中に安息できるので、本当の安心を得ることができます。

自分のエゴを捨てて空っぽにし、神様が私たちを満たすことができるようにすれば、神様の心情の中に深く入っていくことができ、どんどん近くなれますー正に”死なんとする者は生きる”のです。

「はげ頭と苺」P86〜P90

本来、私の中に自然に備わっている、他を愛する心。
堕落することにより、それが、隠れてしまい、自分の心、身までも脅かしています。

神様とつながっていれば、心が安定し、心が安らぐ。
そのことを、始めから知っていれば、誰も一人ぼっちで、独りよがりで、不安で孤独で、移り変わりの激しい心情が、良い。なんて人は、あまりいないと思います。

エゴを捨てていくということは、本来の、本当の自分に成ること。
神様が創造してくださった本来の自分が表に出てくるということです。
何も自分は変わる必要はないのです。
隠れている自分の神様を表に出していく作業ともいえるでしょう。

しかし、頭で分かったとしても、今までの人生において、なれ親しんだ癖、思考パターンになかなか抜けきれずに、本当に苦労すると思います。
これは、血が受けついできた、遺伝してきたものであると考えると、とてもうまく表現できると思います。
反対に簡単なら、今頃誰もエゴを必要とする人はいないでしょうし、なくなっていると思います。
それができたとき、心と体の一体化は実現するのだと思います。

簡単な様でも、これが一番難しく、分かっているつもりでも、分かってなかったり、私の中でも、このエゴとの問題は、信仰を持っていても、もっていなかったとしても、変わりません。
乗り越えなければ成らない試練であり、信仰課題であり、人生のテーマでもあるように思います。

私も例外なく、もれなく、エゴのかたまりです。(^^;
しかし、このエゴは、本質の自分ではなく、取っていくことができるということが、何よりも、救われます。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。