2009年07月08日

自己反省

霊的探究の道というのは、険しい道です。

その道の見晴らしは、いばらが密集する、たくさんの致命的な落とし穴だらけの道です。しかし、ジャングルを横切っていこうと試みる前に、ジャングルとは何なのかを、よく知っておく必要があるのではないでしょうかー少なくとも、私はそういう意見です。

私たちは、この間違っていた仮定に恐れず真正面から迫ることによって、無知の道から開放され始めるのです。そのようにして私たちは、霊的探究の道とは何なのかを発見することができ、しかも発見しただけではなく、それに”成る”ことができるのです。霊的探究の道とは、大きく、”成長する”道ではなく、実はより深くなっていく道であり、自分のエゴを捨てて、”神の前にゆだねる”道であり、”自分の中から自分(エゴ)を空っぽにする”道であり、”死んで再び活きる”道でした。神様の絶対善の威厳の前に、自分を完全にゆだねていく道が、真の自由を得る道なのです。

真に、自分の憎しみ、怒り、貪欲などを自ら放棄するすることによってのみ、真に自由になることができます。

「はげ頭と苺」P84〜P85

霊的探究は、宗教全般も意味していると思います。
神様ご自身が霊的な、目に見えないお方だからです。

目に見えないものよりも、目に見えるものに、より価値を置いてきた私たち、自分自身だったのですから、それを、目に見えないものに価値を置いていくことは、本当に至難の業といえるかもしれません。

でも、変えたり、成長するのではなく、より、人間として深くなっていく道であると書いています。

年配の方が、人生において深くなっていくのは、このようなことなのでしょう。
しかし、そこに神様がいなければ、結局、自己満足、エゴの塊ともなりかねない怖さも潜んでいます。

どこまでもどこまでも、はてしなくはてしなく、自分を捨て、空っぽになって、神様に委ねていける自分と成っていけれるように、慎重になって行く道なのかもしれません。
そして、世間に、身近な愛する人に、もしかしたら神様に、砕かれ、砕かれ、行く道なのでしょう。

道に外れたことを気づき、悟ることのできる自分でありたいと思いました。

★--------★--------★--------★--------★-------

*今日も読んでくださり、ありがとうございます!*
↓よろしければ応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
にほんブログ村

★--------★--------★--------★--------★--------
posted by はっぴー at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | はげ頭と苺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。